HP東善寺            NEWS2022  

東善寺・小栗上野介の最新情報
2022(令和4)年版


1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

           
【遣米使節小栗忠順が見た風景】
      ワシントン国会議事堂

  遣米使節一行は海軍造船所から全員馬車に乗せられ、ペンシルヴァニア通りをウィラードホテルまで行進した。先頭に軍楽隊がついた派手なパレードで、沿道には日本人を見ようと黒山の人出があって、屋上や街路樹に上ってみている人までいた。
 議事堂は中央のドームが工事中で足場が組まれていた。

 後日に再び訪れて議会の様子を見学している。
◆ メールマガジンによる「"超"最新の東善寺・小栗上野介情報」をご希望の方は、この「まぐまぐ」メールマガジンで→御自分のメールアドレスを入力し→「登録」をクリックしてください。登録は無料です。どなたが登録されたかは、当方にはわかりません。

◆とりあえずのぞいて見たい方は、この「まぐまぐ」メールマガジンで→バックナンバー〈すべて公開〉→をクリックしてください。

最新情報     
  バックナンバー


2021(令和3)年
2020(令和2)年
2019(令和元・平成31)年

2018(平成30)年
2017 (平成29)年
2016
 (平成28)年

2015(平成27)年

2014(平成26)年
2013(平成25)年
2012(平成24)年

2011(平成23)年
2010(平成22)年
2009(平成21)年
2008(平成20)年

2007(平成19)年
2006(平成18)年
2005(平成17)年
2004(平成16)年
2003(平成15)年

2002(平成14)年
2001(平成13)年
2000(平成12)年
最新情報  20221


 今年は戦前・戦後が同数の年です
 1868明治元年~敗戦の1945昭和20年までが77年間。
敗戦の1945昭和20年~2022令和4年までが77年間。

比べてみれば一目瞭然。
前半は【戦前】  戦争続きの77年間。
後半は【戦後】  国の命令で外国人を殺したり、逆に殺されたりがなかった平和な77年間

そして、江戸時代は戦争をしなかった260年間でした。

とりあえず、世界の政治家はあと190年間は戦争のない国、戦争をしない国、を目標としてほしいもの。日本の
政治家の責任も大きいです。

1年ずつ大事に生きてゆきましょう


 1日(土)・2日(日)

修正会しゅしょうえ新年の初詣です
     
新年あけましておめでとうございます。
1日
午前10時
2日
午前10時、 
年頭の祈願法要を行い参拝者のお名前を読み上げ、今年一年の幸福祈願をします。

 ◆コロナ感染防止から、今年はフリー参拝で 到着次第受付、すぐにお参りしてください。
          
4日(火)  礼返し(お寺の年始回り)・三ヶ日に初詣をされた檀家さんへ、お寺からの年始の挨拶回りです
17日(月)   14:00~ 講話 村上泰賢「幕府の運命 日本の運命」  東善寺本堂で 有坂中央学園中島利郎さまほか   傍聴自由
 
 21:00~22:30 NHKBS
再放送 NHKBSプレミアム 
ドラマまたも辞めたか 亭主殿ー幕末の名奉行・小栗上野介-

 「日本の近代化は明治以後」と教えられてきたことへの疑問から、最近小栗上野介の業績や人生に関心を持つ方々が増えています。
・明治以来の歴史教育は薩長政府に都合のよい「勝者の歴史観」で教えられてきたこと。その歴史観の根底は「官軍」がしたことは何でも正しいとする「官軍主義」あるいは「官主主義」ともいえる考え方で、自分たちの政府の意向に沿わない考え方は悪い思想と決めつけて、認めない、あるいは弾圧排除してきた。
・いま世界を見渡すと、同じような歴史をたどっている国がいくつも見られることが、余計に幕末維新の歴史見直しを後押ししているように思えます。

2003年1月3日の正月時代劇(初放映)でしたから、ちょっと軽いタッチも入れてお正月疲れの視聴者を飽きさせない構成でした。ときどき再放映されています。ちなみに、タイトルは不肖住職がやはり軽いタッチを交えて書きました。

参考:主役の岸谷五朗と稲森いづみが東善寺へ墓参 平成14年9月
小栗上野介の名を知らずに見た人の感想
27日(木)   ネジの業界新聞『ファスニングジャーナル』に連載中の村上泰賢「わが国産業革命の始まりー日本産業革命の地・横須賀造船所ー」・・・掲載

最新情報  20222月
 15日(火) 涅槃会 お釈迦様の御命日
大きな涅槃図を掲げてお参りしていただきます。東善寺の涅槃図

 
27日(日)
 ネジの業界新聞『ファスニングジャーナル』に連載中の村上泰賢「わが国産業革命の始まりー日本産業革命の地・横須賀造船所ー」・掲載

最新情報  2022年3月
 ●15日(火) 大施食会 
     ご先祖供養の法要です。
施食会せじきえ 檀信徒各家の先祖供養大法要を行います。
・午後2時開始
   
お知らせ
・コロナ感染防止の見地から、密を防ぐため参列は護持会役員と倉渕町6区と町外の檀家さんのみとしました。

・塔婆は…世話人が配ります。町外の檀家さんには、当日の法要終了後午後3時以降~にお渡しします。

ご先祖はたくさんいます
ご先祖は毎日増えています

・ふつう思い出せるのはひいおばあさんの名前程度。でも父母がいて、その両親が4人いて、そのまた両親は8人で…と数えると倍々と増えて、10代遡ると1024人、さらに20代になると100万人を越えます。
・その100万人以上のご先祖の一人でも欠けたらアナタはこの世に存在しない。

・さらにその100万人以上のご先祖はただボーッと生きてたわけではなく、必死に働き、食べ物を手に入れるとまず子供にたべさせ育ててくれた。【ここまでが人間中心の話】

・その食べ物は、米も、麦も、野菜、果物、魚、肉…みんな人間と同じ元素から生まれた命のあるもの、それを食べて生きてきた。まさにご先祖の命の源です。
・だから施食会のお棚の正面に「三界万霊」という霊牌を祀って供養するのは、「この世に存在するあらゆる命の供養」という意味です。
 27日(日)
 ネジの業界新聞『ファスニングジャーナル』に連載中の村上泰賢「わが国産業革命の始まりー日本産業革命の地・横須賀造船所ー」・掲載   

最新情報  20224月
●8日  花まつり  お釈迦様の誕生日です。
〇17日(日)
子守地蔵尊 例祭  権田の子守地蔵さんは子育地蔵として近在の人々の信仰を集めています。

●27日(木)   ネジの業界新聞『ファスニングジャーナル』に連載中の村上泰賢「わが国産業革命の始まりー日本産業革命の地・横須賀造船所ー」・掲載  

最新情報  20225月

●5日()  岩窟観音祭典 
観音様のお祭り


熊谷次郎直実公の愛馬「権田栗毛」にまつわる伝説の観音様、年に一度のご開帳です


 
21日(土) 小栗まつりセッティング  午後1時~
●22日(日)  小栗まつり



墓前祭 13:30~  東善寺境内
 挨拶・読経・献香    を実施
 

墓前祭 
 27日(金)   ネジの業界新聞『ファスニングジャーナル』に連載中の村上泰賢「わが国産業革命の始まりー日本産業革命の地・横須賀造船所ー」・掲載

最新情報  2022年6月
 27日(月)  ネジの業界新聞『ファスニングジャーナル』に連載中の村上泰賢「わが国産業革命の始まりー日本産業革命の地・横須賀造船所ー」・掲載  

最新情報  20227月
 27日(水)  ネジの業界新聞『ファスニングジャーナル』に連載中の村上泰賢「わが国産業革命の始まりー日本産業革命の地・横須賀造船所ー」・掲載

最新情報  2022年
●13日()午前
お盆です
~16日()18時まで
 盂蘭盆会
*今年はコロナウィルス感染防止の見地から、法要ナシ。読経供養しておきますので、任意に自由参拝とします。

東善寺の盂蘭盆会
 ○27日( )  ネジの業界新聞『ファスニングジャーナル』に連載中の村上泰賢「わが国産業革命の始まりー日本産業革命の地・横須賀造船所ー」・掲載

最新情報  2022年9月

●20日(火)
~26日(日)
お彼岸 お彼岸は中日(ちゅうにち)を挟んで前後3日、計7日間。都合のよい日を選んで、家族そろってご先祖参りをしましょう。

○27日  ネジの業界新聞『ファスニングジャーナル』に連載中の村上泰賢「わが国産業革命の始まりー日本産業革命の地・横須賀造船所ー」・掲載

最新情報  2022年10月
27日(木)    ネジの業界新聞『ファスニングジャーナル』に連載中の村上泰賢「わが国産業革命の始まりー日本産業革命の地・横須賀造船所ー」、を掲載

最新情報  2022年11月
 27日(日)  ネジの業界新聞『ファスニングジャーナル』に連載中の村上泰賢「わが国産業革命の始まりー日本産業革命の地・横須賀造船所ー」、を掲載

最新情報  2022年12月
 )
   
 27日  ネジの業界新聞『ファスニングジャーナル』に連載中の村上泰賢「わが国産業革命の始まりー日本産業革命の地・横須賀造船所ー」、を掲載