小栗上野介と日本海海戦 (HP東善寺)              東郷元帥の謝辞

小栗上野介と日本海海戦
東郷元帥の謝辞




東郷平八郎(東善寺蔵)
 

明治45年夏、東郷平八郎は小栗上野介の遺族を自宅に招き「日本海海戦で完全な勝利を得ることができたのは、小栗上野介さんが横須賀造船所を作っておいてくれたおかげです」と礼を述べた。

                  東郷元帥の謝辞
◇東郷平八郎の自宅へ招かれたとき、会津で生まれ東京で成人した遺児クニは自宅に残り、婿として迎えた小栗貞雄と息子又一(12歳)が出かけた。日露戦争が終結して7年目であった。
 東郷平八郎は、小栗父子に上座に座るよう勧めたという。それを固辞して座に着くと、東郷は日露戦争の勝因が第一に明治天皇の威光が絶大であったことを述べたあと、「軍事上の勝因の第一として、小栗さんが横須賀造船所を造っておいてくれたことが、どれほど役立ったか知れません、」と、実に気持ちよく率直に礼を述べた。


小栗貞雄 明治の作家矢野龍渓の弟

                       
                   
東郷は書を贈る
◇ご馳走してもてなしたあと東郷は、その日の記念として自分の書を送りたいと申し出た。貞雄は、「自分は婿として小栗家に入ったので、小栗上野介の血はつながっていません。せがれ又一は小栗上野介の血を引いた孫です。せっかく揮毫(きごう)してくださるならその書の為書(ためがき…○○の為に書いたという宛名)は自分の名にしないでせがれ又一の名前にしていただきたい、とその名前の由来も説明した。
 戦のたびにいつも「一番槍は小栗殿!」という報告が来ることから「また一番か」ということで四代忠政が家康公からもらった名が「又一」で、小栗家は代々その名をほまれとして上野介も又一を名乗っていたことを聞いて、東郷は顔をほころばせ、「それはいい名前をもらったね」と快く承知し、しばらくして小栗家に届けられた書には「仁義禮智信  為小栗又一君」と書かれていた。

                       
                   
書額を東善寺へ
◇平成9年4月、東善寺ではだれでも参加できる「祭りスタイルの小栗まつり」を始めたいと考え、小栗上野介130回忌の小栗まつり(平成9年・現在のスタイルの小栗まつり第1回め)を小栗家子孫に案内したところ、「都合で行けないが、これを寺に寄付するから皆さんに見てもらってほしい」と子孫忠人氏から東善寺へ寄進された。そのあと続けて「これを見てもらえば、ひいお祖父さんの名誉回復になるだろうから」という言葉があった。
 明治維新政府に罪なくして殺され、小栗上野介の名誉はまだ回復されていないままである、と子孫がうけとめている言葉である。

東郷元帥の書額 
右から「仁義禮智信 壬子夏為小栗又一君 東郷書」    東善寺蔵
                 東郷元帥の子孫が参拝
◇平成16年8月、東郷の曾孫保坂宗子さんはご主人の義雄さんと子息二人の家族で参拝された。たまたま見ていたNHKテレビ
「そのとき歴史が動いた―小栗上野介―」で曽祖父の書が紹介されたのに驚いて、ぜひ参拝したかった、とのことであった。
 宗子さん夫妻は、3月にロシアで行われたポーツマス講和100周年記念サンクトペテルブルク国際会議に出席し、講演「曽祖父の生き方と私」でこの書額に触れ、明治政府軍が殺したままの小栗上野介の業績を曽祖父は率直に認め、その子孫を招いて礼を述べた「至誠の人であると思う」と語られたという。
                     

                        書額と曾孫家族
            東郷元帥の曾孫宗子さん夫妻・家族が書額の前で記念撮影
                       2004・平成16年8月


                        余談になるが…
                   おいでになった曾孫宗子さんの眼が
                   東郷平八郎にそっくりだったので、
                   こんなにも似るものかとびっくりした。
               東郷の謝礼の意味二つ
1、水雷艇・駆逐艦  日本海海戦で戦った三笠をはじめとする大きな戦艦はほとんどがイギリス、ドイツ、アメリカ製であった。昼間の戦艦どうしの砲撃で傷つき逃げるロシア艦を追って、夕方になって出撃を命じられた駆逐艦・水雷艇が、猛スピードで間近に接近し、水雷を放って確実に沈め、完全な勝利をもたらした。それらの中小の水雷艇・駆逐艦のほとんどが横須賀と呉で造られていた。
2、修船場  造船とともに発達した艦船の修理技術が、バルチック艦隊を迎える前の連合艦隊艦船の完璧なオーバーホールを可能にし、最大限の艦船能力を引き出せたこと。幕末〜明治にモッコとツルハシで掘りあげたドライドックの存在がとくに大きかった。
 
 以上二つが日本海海戦においてどれほど役立ったことか、という東郷の感謝につながった。 もし、日本海海戦に敗れていれば日本海は自由に往来できない海となり、ロシアに首根っこを押さえられた日本の国運はかなり違った方向に展開していたことであろう。小栗が「いずれ土蔵つき売り家になる」と笑ったその土蔵が国を救ったといえる。

  
             5月27日の因縁話
 小栗上野介が外国奉行のとき起きた「対馬事件」(1861文久元年2月)で、対馬に租借地を設けて基地をつくろうとしたロシア軍艦ポサドニックをすぐに退去させることが出来ず、煮え湯を飲まされる思いを味わっている。
 その44年後に横須賀造船所が役立ってロシア艦隊を破ることができたのが対馬沖での日本海海戦(1905明治38年5月27・28日)。
 そして、小栗上野介が西軍に殺害されたのも、くしくも5月27日(慶応4年閏4月6日)だった。

 それで倉渕町では毎年小栗まつりを5月27日、あるいはその直前の日曜日に行っている。

このページをご覧になったあなたは
咸臨丸を教科書からはずす会 の会員資格があります。

会員の責務:中学・高校の歴史教科書と副読本から、遣米使節の説明に使われている「遣米使節が乗らなかった咸臨丸の絵」をはずし、代わりに遣米使節のワシントン海軍造船所見学記念の写真を載せよう!、と主張する。
会員の特典:「勝海舟は遣米使節ではない」「「勝海舟はサンフランシスコから帰った」「遣米使節は咸臨丸には乗らなかった」「小栗上野介のワシントン海軍造船所見学から横須賀造船所建設が発想された」・・・などの知識をひけらかすことができます。
会費:無料

   関連ページ
横須賀造船所の借款説:約定書の読み違いで濡れ衣
小栗の濡れ衣・四国・蝦夷を担保にした:幕末世情混乱の中の根無し草
「土蔵つき売家」の横須賀造船所のページ
横須賀造船所建設
レンガのページ:やっと入手できた、横須賀で作られたレンガ
森林保護育成の提唱:造船には多量の木材が必要だから・・・
技師長フランソワ・レオンス・ヴェルニー:横須賀市のページ(リンク)
横須賀明細一覧図を読む:近代工業の先端設備をそろえ、多くの見物客でにぎわった
いまの横須賀造船所「日米親善ベース歴史ツアー」(リンク)
勝海舟の「海軍500年説」は:「海舟日記」の信憑性ゆらぐ
東郷元帥の謝辞:日本海海戦の勝利は小栗さんのおかげ・・・
幕末の構造改革:ネジをお土産にした小栗上野介

◇ オランダ製スチームハンマー(リンク)
最新空母と幕末のドック:旧横須賀造船所見学ツアー
富岡製糸工場:技術のわくわく探検記(リンク)
富岡製糸を世界遺産へ:世界遺産暫定リストに登録され、あと一歩。(リンク)
小栗上野介よこすか顕彰会事務局はここ(リンク)

小栗上野介の言葉「幕府の運命、日本の運命」