東善寺   涅槃会(ねはんえ) 2月15日はお釈迦様の御命日

   
   

ねはんえ       ねはんず
  涅槃会・涅槃図 
2月15日は、お釈迦さまのご命日です。 仏教寺院では大きな「涅槃図」を本堂に掲(かか)げておダンゴを供(そな)え、皆さんにお参りしていただきます。
東善寺では2月1日から本堂に大きな涅槃図を掲示してご参拝の皆様にお参りしていただきます。
■お釈迦さまは2月15日満月のもとに、インド・クシーナガラの跋提河(ヒラニヤヴァティー河)のほとり、沙羅双樹の林の中で、頭を北向きに西に顔を向けて横たわり、入滅(にゅうめつ・亡くなること)されたといわれています。その様子を描いたものが「涅槃図」で、宗派を問わずどのお寺にも備えられているものです。
涅槃図(東善寺)*クリックすると大きくなります おだんご(東善寺) 涅槃図のクスリ(東善寺)*クリックすると大きくなります
お涅槃のお参り
お参りしておダンゴをいただいて
おだんご 
食べると一年の無病息災にご利益があります
間に合わなかったクスリ
摩耶夫人が天上界から贈ったクスリも間に合わず、むなしく沙羅双樹に下がっています
 涅槃図の摩耶夫人(東善寺)*クリックすると大きくなります  涅槃図の弟子たち(東善寺)*クリックすると大きくなります  涅槃図の弟子たち(東善寺)*クリックすると大きくなります
 かけつける摩耶(マヤ)夫人 
お釈迦様を産んで7日めに亡くなった摩耶夫人も、天上界から駆けつける
 駆けつけた弟子たち
枕もとでぼう然と見つめています
 嘆く弟子たち
おおぜいの弟子が取り囲んで嘆いています
涅槃図の沙羅の木(東善寺)*クリックすると大きくなります 涅槃図の嘆き(東善寺)*クリックすると大きくなります 涅槃図(東善寺)*クリックすると大きくなります
白く変じた沙羅双樹(サラソウジュ)
沙羅の木はお釈迦様が亡くなると、枝がおおうように上にかぶさり、葉が白く変わって、時ならぬ白い花が咲き、はらはらと散ったといわれています
嘆く
獅子も虎も、鳥も集まってきて身をよじって嘆いています
全図
「法橋(ほっきょう)烏川(うせん)」が描いたといわれています
横たわるお釈迦さま(東善寺)*クリックすると大きくなります 涅槃図の猫(東善寺)*クリックすると大きくなります 涅槃図の動物(東善寺)*クリックすると大きくなります
臥すお釈迦様
北枕、西向きに横たわるお釈迦様を取りかこみ嘆く弟子たち
猫がいた! 
猫は駆けつけなかったから十二支に入っていない、といわれていますが、わが寺の図では左隅に申し訳なさそうにうずくまっています。
たくさんの動物も集まって嘆く
あらゆる命あるものはすべて等しい一つの命をもって、共に今この世に存在している、と初めて説いてくれたお釈迦さまの死を悲しんでいます。