遣米使節   ● 小栗忠順の従者一覧

小栗忠順の従者
遣米使節は正使・副使・監察ともに、それぞれ9人ずつの従者を連れていた。監察小栗豊後守(のち上野介)忠順の従者9人のうち、木村鉄太・佐藤藤七・木村浅蔵は諸国からの参加として従者に加わっている。
 
役目   氏      名 年齢 出身・帰国後・その他 没   年
用人 吉田好三信成(のぶしげ) 33歳 不明 不明
従者 
塚本真彦(まひこ)勉
29歳 元建部家の家臣・道子夫人に随って小栗家家臣となり、幕末期には用人を務める・権田村に移り又一とともに高崎で斬首さる 慶応4年閏4月7日・賢宗良哲居士(墓地・東善寺)
江幡祐蔵尚賢(ひさかた) 29歳 常陸・茨城県小川町下吉影出身・のち荒川姓・権田村に移り忠順とともに斬首さる 慶応4年閏4月6日・
久山全長居士(墓地・東善寺)
三好権三義路(よしみち) 24歳 島根県鹿足郡日原町出身・帰国後文久2年に神田駿河台小栗邸内で病死す
◇関連情報「三好権三」(リンク)
文久2年5月22日・28歳・釈教証信士(日原の墓地)
福島恵三郎義言(よしこと) 19歳 浅田宗伯の娘幾子の婿となって浅田憐之助(麟之輔)惟季(これすえ)となり、歩兵指図役頭取となって、戊辰戦争を戦い下野―会津―函館に転戦。戦後、牛込横寺町で薬商となり浅田家の高祖乙葉姓を名乗って乙葉林八と改名。のち牛込矢来町に住んでいたが、晩年(大正5年ごろ)に大連に渡る。「花旗航海日誌」・戊辰戦の記録「北戦日誌」の著者〈「江戸」第3巻渉外編などを参照〉 大正7年7月17日、大連で病没。享年77.
谷中霊園(乙8号10側)に墓がある。

浅田宗伯の墓の裏手で乙葉林八ほか2名連記の墓
三村広次郎秀清 17歳 不明 不明
木村鉄太敬直(よしなお) 32歳 肥後・熊本藩士・玉名市亀頭迫(きとさこ)出身・『航米記』著
文久元年(1861)・熊本で病死・33歳玉名市亀頭迫大倉団地東斜面
佐藤藤七信有(のぶあり) 54歳 上州・権田村の名主・『渡海日記』著 明治5年6月27日・72歳・瑞雲院観叟良光居士・権田の十王堂(俗称じょうど)墓地
木村浅蔵正義 26歳  備前・御野郡木村(岡山市下中野)出身 不明

関連ページ
世界一周の旅…世界一周をした最初の日本人
遣米使節の行程:日本人初の世界一周の行程表

遣米使節の旅コースを訪ねる:フィラデルフィア編
US cities the Japanese delegation visited in 1860: Philadelphia


遣米使節の旅コースを訪ねる:ワシントン編:海軍造船所の正門はまだ存在していた
US cities the Japanese delegation visited in 1860: Washington


遣米使節の旅コースを訪ねる・ニューヨーク編:ブロウドウェイを途中から迂回して
リーフレット『遣米使節三船』:教科書から咸臨丸を外すために
Brochure "Three Ships That Carried the First Japanese Embassy to the United States Around the World"


Bridge of Hope (English) … 小栗上野介の業績を紹介するJEWL発行の書籍
JEWL(Japanese Executive Women's League) in Los Angeles introduces the achievements of Kozukenosuke Tadamasa Oguri in the book they published.

ブルック大尉::咸臨丸が沈まなかったのはブルックとジョン万次郎のおかげ

   咸臨丸
「木村摂津守喜毅は副使」「副使が乗る船が咸臨丸」という説の誤り…近年広まった副使説、根源はどこか
「咸臨丸病」の日本人:何でも勝海舟を出さないと気がすまない症候群
修身教科書が作った咸臨丸神話・・・国定教科書が教えた虚構

大統領の記念メダル:使節と従者全員に金・銀・銅のメダルが贈られた
小栗忠順の通貨交渉:フィラデルフィアで「ノー」といって進めさせた通貨実験は

世界一周をした名主・佐藤藤七:権田村名主が従者として世界一周
玉蟲左太夫:仙台藩士の見た世界は新鮮だった
遣米使節小栗の従者:小栗忠順の従者9名
遣米使節従者・三好権三…島根の人だった
遣米使節の業績・・・1本のネジくぎを持ち帰った小栗
横須賀明細一覧図を読む…図から読み取れる産業革命の地横須賀

遣米使節三船…ポウハタン号で渡米。咸臨丸ではない

日の丸を国旗に決めた遣米使節…船印だった日の丸を国印に決めた

トミーポルカ:アメリカで大人気となった少年通訳立石斧次郎の音楽
遣米使節とアメリカの酪農…初めてアイスクリームを食べた日本人

大統領の記念メダル:使節と従者全員に金・銀・銅のメダルが贈られた

「ポウハタン号の町・伊豆下田」

帆船模型作家・岡崎英幸さんに感謝状…おかげで「遣米使節3船」がそろいました
遣米使節一行一覧表(リンク)
岡谷荘三郎(館林藩・塚原重五郎の従者)(リンク)
『航米記』従者・木村鉄太の世界一周記

遣米使節 世界一周の旅
本・遣米使節 「小栗忠順従者の記録」