遣米使節  遣米使節とアメリカの酪農


 遣米使節とアメリカの酪農
           アイスクリーム
アイスクリームを食べた初期の日本人たちとして、遣米使節一行の体験を紹介した雑誌です。東善寺で取材してゆきました。

ICE CREAM NEWS・アイスクリームニュース」
日本アイスクリーム協会
2006平成18年秋・216号
ジョン万次郎やジョセフ彦などのように漂流してアメリカ船に救われた漁民の中に、すでにアイスクリームを食べている日本人がいると思われますが、記録に残っていません。
また、遣米使節より先にサンフランシスコに到着した咸臨丸一行も「土曜(西暦の3月17日)の夜に岸に上がり……、ホテルでキリスト教式の晩餐(ばんさん)をとりアイスクリームというぜいたく品を味わった…」(ニューヨークタイムズ1860年4月11日付)と、新聞にありますが、日本人の記録には見当たりません。
 
 当時アメリカでもアイスクリームはめったに庶民の口に入らないぜいたく品だったことがわかります。
 そういえば、こういう歌もありましたね (歌詞がちょっと不確かですが)
  ♬♬昔話の王子様でも 昔はなかなか食べられない アイスクリーム
    いまでは私が 召し上がる ……♪

ワシントン上陸
「(ワシントンへ上陸のための迎え船フィラデルフィア号の上で)……。又珍しきもの有、氷を色々に染め物の形を作是を出す。味は至てあまく口中に入るゝにたちまち解けて誠に美味なり。是をアイスクリンと云。是を製するには氷を湯にて柔らかくなし、其後物の形に入れ、また氷の間に入れ置く時は氷のごとくになると云。尤も右の氷をとかしたる時生玉子を入れざれば、再び氷らずと云。・・・・・・」(柳川兼三郎當清「海航日記」万延元年閏3月24日)

ウィラードホテルで
「(ワシントンのホテルウィラードに入って)……昼食遅く出、吸物鷄のソツフ(スープ)并カキ鱈魚鮫魚豚鶏牛にて種々製造せしもの、氷製(アイスキリーム・ルビ)の菓子等なり。氷製の菓子は氷を打砕き臼(うす)にて搗(つ)き色を染むる由、形状婦人の姿又は宝袋又者日本の薄皮もちの如く丸く拵(こしら)へ、猶氷中に入れ暫時に堅め製する由、器は何れも玻瓈(はり・ガラス)又は英仏の陶器に有之、……」頭注に「氷製の品をアイスクリウム、氷をアイス」とある(森田清行「亜行日記」万延元年閏3月25日)

谷文一の絵
画家として随行した谷文一は、フィラデルフィア・コンチネンタルホテルの食卓に並んださまざまな料理をステッチし、その中に「アイスクリンム」を描いている(神奈川県立歴史博物館蔵)

 ワシントンのウィラードホテルでの晩餐メニュー(5月18日)にデザートとして「バニラアイスクリーム」が記載されています。

                            ▲ウィラードホテルのメニュー
(東善寺蔵)
                  
 東善寺で展示しているアメリカの新聞に、牛を観察スケッチする遣米使節の随行の日本人の絵(下の右)があります。この絵が衆議院憲政記念館の「怒涛の幕末維新特別展」(2008年11月)に出展されたところ、酪農関係の研究者が注目し、雑誌「DairyJapan」2月号に紹介されました。

Dairy Japan 
2009平成21年2月号
矢澤好幸「人と乳の歴史 27」
―遣米使節団が見てきた牛乳事情―

牛をスケッチする日本人
フランクレスリー・イラスト新聞 1860年5月26日付
東善寺蔵

関連ページ

世界一周の旅…世界一周をした最初の日本人
遣米使節の行程:日本人初の世界一周の行程表

遣米使節の旅コースを訪ねる:フィラデルフィア編
US cities the Japanese delegation visited in 1860: Philadelphia


遣米使節の旅コースを訪ねる:ワシントン編:海軍造船所の正門はまだ存在していた
US cities the Japanese delegation visited in 1860: Washington


遣米使節の旅コースを訪ねる・ニューヨーク編:ブロウドウェイを途中から迂回して
リーフレット『遣米使節三船』:教科書から咸臨丸を外すために
Brochure "Three Ships That Carried the First Japanese Embassy to the United States Around the World"


Bridge of Hope (English) … 小栗上野介の業績を紹介するJEWL発行の書籍
JEWL(Japanese Executive Women's League) in Los Angeles introduces the achievements of Kozukenosuke Tadamasa Oguri in the book they published.


大統領の記念メダル:使節と従者全員に金・銀・銅のメダルが贈られた
世界一周をした名主・佐藤藤七:権田村名主が従者として世界一周
玉蟲左太夫:仙台藩士の見た世界は新鮮だった
遣米使節小栗の従者:小栗忠順の従者9名
遣米使節従者・三好権三…島根の人だった
遣米使節の業績・・・1本のネジくぎを持ち帰った小栗

遣米使節三船…ポウハタン号で渡米。咸臨丸ではない
ブルック大尉::咸臨丸が沈まなかったのはブルックとジョン万次郎のおかげ
「咸臨丸病」の日本人:何でも勝海舟を出さないと気がすまない症候群
修身教科書が作った咸臨丸神話・・・国定教科書が教えた虚構

日の丸を国旗に決めた遣米使節…船印だった日の丸を国印に決めた
トミーポルカ:アメリカで大人気となった少年通訳立石斧次郎の音楽

大統領の記念メダル:使節と従者全員に金・銀・銅のメダルが贈られた

「ポウハタン号の町・伊豆下田」

帆船模型作家・岡崎英幸さんに感謝状…おかげで「遣米使節3船」がそろいました



遣米使節一行一覧表(リンク)
『航米記』従者・木村鉄太の世界一周記

遣米使節 世界一周の旅
遣米使節 小栗忠順従者の記録