小栗上野介の寺・東善寺     「トミーポルカ」・遣米使節の少年通訳立石斧次郎ゆかりの音楽



トミー・立石斧次郎
トミーポルカ
◇トミーこと立石斧次郎をテーマとしたポルカです。
斧次郎は16歳で遣米使節の無給の通訳見習いとして随行し、乗艦ポウハタン号で物おじしない好奇心を発揮してアメリカ水兵と交わるうち、「トミ―」と呼ばれるようになり、アメリカ上陸後「英語を話せる日本の若いプリンスがいる!」と新聞が書き立てたことから大人気となって、ワシントン―ボルチモア‐フィラデルフィア―ニューヨークと、行く先々の街で大歓迎を受けました。

◇ニューヨークの劇場で座付の音楽家が作曲したのが「トミーポルカ」で、当時のアメリカの雰囲気を伝えます。音楽的には日本人を連想させるようなメロディーは、日米交流が始まったばかりのことで望むべくもありませんが、軽快なメロディーを聴いていると、アメリカで大フィーバーした日本の若者の姿が見えるようです。

群馬マンドリン楽団定期演奏会で「トミーポルカ」を演奏しました。2008平成20年11月24日、前橋市民文化会館大ホール。 詳しくはこちら「記念演奏会」
毎年5月、高崎市倉渕町の小栗まつりで群馬マンドリン楽団が演奏しています。
 CD(2008年4月カザルスホールで演奏・録音)もあります。 1500円(東善寺で販売します)

 高原守指揮のニューヨークシンフォニック・アンサンブルが演奏する「トミーポルカ」。(ニューヨーク日本領事館のページにリンク。
 同じくユーチューブ版はこちらから
アメリカをとりこにしたアイドル・トミー…静岡放送60周年記念ラジオドキュメンタリー・2012平成24年2月26日放送  

ピアノ曲の「トミーポルカ」ユーチューブーブ(リンク)

 トミーという人物
                名前が八つもある・・・・・・

◇立石斧次郎は、1860万延元年の遣米使節に「給料はいらないから…」と通訳見習として16歳で随行し、その好奇心と物おじせず奔放にふるまう態度から、アメリカ女性に「トミー」と呼ばれる人気者となりました。

◇トミーは日光奉行などを務めた小花和度正(こばなわなりまさ)の二男に生まれ、本名小花和斧次郎(おのじろう) 。  (コバナワは高崎市小塙の地名。先祖は最後の箕輪城主長野業盛の義弟で、長野氏が武田軍に滅ぼされたのち、小塙に住んで小花和姓を名乗っていた)

 ほかにも名前がたくさんあって、
・幼時に体が弱くて松戸の豪農横尾家に預けられて・・・・・横尾為八
・元気に育って母方の米田家に養子に出て・・・・・・米田(こめだ)斧次郎
・米田家の親戚のオランダ通詞立石得十郎に連れ歩かれて外国人と接触し遣米使節にも随行して・・・立石斧次郎
・アメリカでのニックネームが・・・・・・トミー
・帰国後はまた・・・・・・米田斧次郎
・そして・・・・・・米田桂次郎
・戊辰戦争で戦い明治新政府のお尋ね者となったので、明治以後は遠祖(箕輪城主長野氏・高崎市)の姓になって・・・長野桂次郎

・・・と、書いてるだけでも目が回る変転ぶり。その他トミーの詳細は次のページ「HOWDY TOMMY」 (リンク)でご覧ください。

◇「小栗上野介日記」には「米田桂次郎」の名で何度か駿河台の小栗家を訪れています。
 
◇下の「サムライビール」の写真左の兄重太郎は、このあと戊辰戦争の宇都宮付近(栃木県壬生町)の戦いで、慶応4年4月24日戦死しています。
トミーの異文化体験は幼年時代から
斧次郎少年は小さい時から義理の叔父立石得十郎(オランダ通詞)に連れられて外国人と接触していたと思われる。

左は斧次郎少年であろう

ペリー横浜に上陸の絵(W.Heine画)
画面まん中の大人と子供の二人連れは…


たぶん▲斧次郎と得十郎でしょう
叔父得十郎はしっかり斧次郎の手を握って、緊張していることがわかる
(1854年)

▲ペリーのお土産披露の絵(横浜)
大きな鎌に手を触れている少年も斧次郎であろう
(1854年)

(フランクレスリーイラスト新聞:東善寺蔵)

ワシントンで女性に囲まれる
 トミーがアメリカ人の間に混じって堂々とふるまえたのは、こういった幼児からの異文化交流の経験があったからと思われる
(1860年)
(フランクレスリーイラスト新聞:東善寺蔵)

ペリーの音楽隊(瓦版・東善寺蔵)
先頭の旗に「舳漏理」(ヘロリ)とある。(もちろんこんな旗は立てていなかった)
上段の文字は英語―日本語の対訳表だが、英語の部分はほとんど不明。
ペリーの上陸は第1回目(九里浜)、2回目(横浜)とも音楽隊が先導した。
日本人は聞き慣れない音楽のメロディーとリズムに戸惑い、統率のとれた行進に圧倒された。
米国国歌はまだなかったから「ヘイルコロンビア」や「ヤンキードウードル」のほか
当時活躍しはじめたフォスターの「草競馬」「バンジョーを鳴らせ」「故郷の人々(スワニ―河)」
「金髪のジェニー」などが演奏されたらしい。
その様子を瓦版にしてしまう日本人も、好奇心が強いというか、江戸の庶民文化が生み出した余裕であろう
サムライビール
(トミービール)

 サムライがうれしそうにビールを注ぎあっている、珍しい写真があります。▲
 左が小花和重太郎・右は弟でトミーと呼ばれた米田(もと立石)斧次郎です。
 
 将軍慶喜は慶応3年12月16日(1868年1月10日)に大阪城へ英米仏など六カ国の公使を招いて会談し、これまで幕府との間に結んだ条約等は履行する義務を負うことを通告し、こんごの日本の内政について不干渉を申し入れた。
 この写真は、わきに刀と陣笠が置かれ、肩から礼装の帯が下がっているところから考えると、トミーがこの時慶喜の通訳として大坂へ出かけ、仕事が終わって兄貴とやれやれ一杯、というくつろぎを演出したものと思われます。

 写真が桐の枠におさめられているので日本人の写真師(下岡蓮杖か?)が撮影したものかもしれません。

 写真が珍しい時代、正面を向いてきちんと撮影してもらうのが普通の時代に、かくもリラックスして撮影させたスナップ写真は、それだけでも珍しいものです。

 このほどこのなんとも楽しそうな写真をラベルにした「サムライビール(トミービール)」が発売となりました。横浜ビール醸造のほんのりと甘みとコクのある地ビールで、ソフトな口当たりが上品です。
                 ▼
正式名称はサムライビール
製造元は横浜ビール、発売は横浜高島屋と港南台高島屋で地域限定販売です。
小ビン 330ml

2008平成20年11月発売
           
横浜高島屋から小栗公墓前へと贈っていただきましたので、胸像前に供えて、ハイパチリ!
小栗公も「オゝ、斧次郎君!よかったねえ」と喜んでくれているようです。

◇小栗公も権田村へ移住してビールを飲んでいました
  
もう二つの トミーポルカ 新発見!
【フィラデルフィア発】 アメリカの小栗上野介研究者・マルケット大学准教授マイケルワートさんからの報告で、トミーの人気ぶりを示す楽譜二つ「Japanese Galop」と「True Blue」が見つかったとのことです。とりあえず、その楽譜の表紙の画像をご紹介します。
下部に「立石斧次郎」のサインが入っています。
2011・平成23年2月

*この表紙には「ジャパニーズ GALLOP」とありますが、楽譜のタイトルは「ジャパニーズ GALOP」で
こちらが正しいと思われます。アメリカ人もスペルを間違える?

ちなみに「Galop」とは1800年代に流行した音楽の一種。
「Gallop」は馬が四脚を上げて全速で駆ける様子ですから、テンポの速い曲です。

2012平成24年4月22日  サールナートホール
静岡でトミーポルカを演奏
「トミーポルカと幕末〜大正のころのアメリカ音楽」コンサート

出演:青木研とディキシーランドクラッカージャズ&原さとし
石川たか子さん(シズオカ文化クラブ)
「立石斧次郎と静岡」について語る。トミーの遠縁に当たるので、祖母の思い出につながるトミーの話
長野和郎さん(トミーの子孫)
トミーは明治以後名前を遠祖の長野姓に変えている。
村上泰賢
「小栗上野介とトミー」について、ポウハタン号で渡米したこと、遣米使節一行に随行したトミーのこと、帰国後の小栗上野介の業績を合わせて5分くらいで語る。……忙しかった。
軽快なバンジョーの生演奏
「トミーポルカ」のほかに、近年発見されたトミーにかかわる「ジャパニーズ・ギャロップ」「トゥルーブルーポルカ」も演奏
青木研(左)・原さとし(右)
幕末期のアメリカ音楽についてたのしいトーク
会場内を演奏して行進するサービスもたのしい
駿府城公園 城跡は広い公園となり、市民の憩いの場所として親しまれていることがわかる。演奏を聴いた後急いで岡崎市筒針町での講演に駆けつける。
関連ページ
世界一周の旅…世界一周をした最初の日本人
遣米使節の行程:日本人初の世界一周の行程表

遣米使節の旅コースを訪ねる:フィラデルフィア編
US cities the Japanese delegation visited in 1860: Philadelphia


遣米使節の旅コースを訪ねる:ワシントン編:海軍造船所の正門はまだ存在していた
US cities the Japanese delegation visited in 1860: Washington


遣米使節の旅コースを訪ねる・ニューヨーク編:ブロウドウェイを途中から迂回して
リーフレット『遣米使節三船』:教科書から咸臨丸を外すために
Brochure "Three Ships That Carried the First Japanese Embassy to the United States Around the World"


Bridge of Hope (English) … 小栗上野介の業績を紹介するJEWL発行の書籍
JEWL(Japanese Executive Women's League) in Los Angeles introduces the achievements of Kozukenosuke Tadamasa Oguri in the book they published.


大統領の記念メダル:使節と従者全員に金・銀・銅のメダルが贈られた
小栗忠順の通貨交渉:フィラデルフィアで「ノー」といって進めさせた通貨実験は

世界一周をした名主・佐藤藤七:権田村名主が従者として世界一周
玉蟲左太夫:仙台藩士の見た世界は新鮮だった
遣米使節小栗の従者:小栗忠順の従者9名
遣米使節従者・三好権三…島根の人だった
遣米使節の業績・・・1本のネジくぎを持ち帰った小栗

遣米使節三船…ポウハタン号で渡米。咸臨丸ではない

咸臨丸
「木村摂津守喜毅は副使」「副使が乗る船が咸臨丸」という説の誤り…近年広まった副使説、根源はどこか
「咸臨丸病」の日本人:何でも勝海舟を出さないと気がすまない症候群
ブルック大尉::咸臨丸が沈まなかったのはブルックとジョン万次郎のおかげ
「咸臨丸病」の日本人:何でも勝海舟を出さないと気がすまない症候群
修身教科書が作った咸臨丸神話・・・国定教科書が教えた虚構

遣米使節とアメリカの酪農…初めてアイスクリームを食べた日本人
日の丸を国旗に決めた遣米使節…船印だった日の丸を国印に決めた
大統領の記念メダル:使節と従者全員に金・銀・銅のメダルが贈られた

「ポウハタン号の町・伊豆下田」

帆船模型作家・岡崎英幸さんに感謝状…おかげで「遣米使節3船」がそろいました
兄重太郎は日光付近の戦いで戦死・墓はここ
遣米使節一行一覧表(リンク)
『航米記』従者・木村鉄太の世界一周記
本:遣米使節 「小栗忠順従者の記録」
小栗公が飲んだビールの瓶・・・ビエール・ド・ギャルドか
侍ビール・・・トミーの子孫の一人長野智子さんのブログです(リンク)
Howdytommy…トミーの詳しいページ(リンク)
150年前のクールジャパン・立石斧次郎(リンク)
キリンビールのページでも紹介(リンク)