遣米使節三船の制作者    岡崎英幸氏に感謝状


帆船模型作家・岡崎英幸さんに感謝状
遣米使節三船の帆船模型を制作してくださった岡崎さんを宮城県大崎市訪ね、感謝状をさしあげました。制作募金に応じてくれた多くの皆さんにも感謝申し上げます。 2007平成19年7月
平成10年に訪ねてお願いして以来、9年がかりで3隻の帆船模型を制作。その上、3隻そろうと貸し出すこともあろうから、その時東善寺に1隻もないのは参拝者に気の毒、と2隻目のポウハタン号を制作寄進してくれました。
地元の記者クラブから数社が駆け付けて取材。製作途中の部品の数々に驚いていました。
なぜ帆船模型を作ろうとしたのか、どうして岡崎さんを知ったのか、記者の質問が飛び交います
記事:毎日新聞(リンク)
廊下には岡崎さんの絵心を示すたくさんの帆船の絵が掲げられています
玉蟲左太夫の墓まいり
保春院・仙台藩士玉蟲左太夫の墓がある 玉蟲は遣米使節に随行し、『航米日録』という記録を残した。近代人の目で詳細な日記を書いていることに、驚かされる。リーフレット『遣米使節三船』を供え献香し、読経する。
このページをご覧になったあなたは
咸臨丸を教科書からはずす会 の会員資格があります。

会員の責務:教科書から咸臨丸の絵をはずして、代わりに遣米使節のワシントン海軍造船所見学記念の写真を載せよう!、と主張する。
会員の特典:「勝海舟は遣米使節ではない」「「勝海舟はサンフランシスコから帰った」「遣米使節は咸臨丸には乗らなかった」「小栗上野介のワシントン海軍造船所見学から横須賀造船所建設が発想された」・・・などの知識をひけらかすことができます。
会費:無料
関連ページ         ●遣米使節の旅
世界一周の旅…世界一周をした最初の日本人
遣米使節の行程:日本人初の世界一周の行程表

遣米使節の旅コースを訪ねる:フィラデルフィア編
US cities the Japanese delegation visited in 1860: Philadelphia


遣米使節の旅コースを訪ねる:ワシントン編:海軍造船所の正門はまだ存在していた
US cities the Japanese delegation visited in 1860: Washington

遣米使節の旅コースを訪ねる・ニューヨーク編:ブロウドウェイを途中から迂回して
リーフレット『遣米使節三船』:教科書から咸臨丸を外すために
Brochure "Three Ships That Carried the First Japanese Embassy to the United States Around the World"


Bridge of Hope (English) … 小栗上野介の業績を紹介するJEWL発行の書籍
JEWL(Japanese Executive Women's League) in Los Angeles introduces the achievements of Kozukenosuke Tadamasa Oguri in the book they published.

大統領の記念メダル:使節と従者全員に金・銀・銅のメダルが贈られた
世界一周をした名主・佐藤藤七:権田村名主が従者として世界一周
玉蟲左太夫:仙台藩士の見た世界は新鮮だった
遣米使節小栗の従者:小栗忠順の従者9名
遣米使節従者・三好権三…島根の人だった
遣米使節の業績・・・1本のネジくぎを持ち帰った小栗

遣米使節三船…ポウハタン号で渡米。咸臨丸ではない

    咸臨丸
「木村摂津守喜毅は副使」「副使が乗る船が咸臨丸」という説の誤り…近年広まった副使説、根源はどこか
ブルック大尉::咸臨丸が沈まなかったのはブルックとジョン万次郎のおかげ
「咸臨丸病」の日本人:何でも勝海舟を出さないと気がすまない症候群
修身教科書が作った咸臨丸神話・・・国定教科書が教えた虚構

日の丸を国旗に決めた遣米使節…船印だった日の丸を国印に決めた

トミービール:アメリカで大人気となった少年通訳立石斧次郎のビール
遣米使節とアメリカの酪農…初めてアイスクリームを食べた日本人

大統領の記念メダル:使節と従者全員に金・銀・銅のメダルが贈られた
「ポウハタン号の町・伊豆下田」

「ポウハタン号の町・伊豆下田」
遣米使節一行一覧表(リンク)
『航米記』従者・木村鉄太の世界一周記

遣米使節 世界一周の旅
遣米使節 小栗忠順従者の記録