遣米使節小栗忠順の従者・三好権三

遣米使節 小栗忠順の従者
 三好 権三

 遣米使節小栗忠順の従者9名のうち、これまでどういう人物か不明だった三好権三が、このほど島根県日原町の出身であることがわかったので、墓参と調査をしてきました。

 日原町は、東西に長い島根県の西部に位置し、益田市から25キロほど南へ入った高津川に沿った山あいの町。私ごとになるが、群馬県の赤城国体の前年昭和57年秋が島根国体で、住職も山岳競技の視察のため近くの六日市町に一週間滞在し、ここも訪ねた町だったことをしだいに思い出した。残念ながらそのときは小栗上野介にまつわる縁のある町とは気づかないで、再度訪れることになったゆかりの町である。(2004・平成16年11月)

◇小栗上野介の『家計簿』の文久二年五月二十二日に、「一金弐分  三好権三病死いたし候ニ付遣ス」との記載がある。以下はその病死の時の様子も含めて仔細が判明したルポ。

 

◆日原町の三好家を訪ねて
*権三は帰国2年後に江戸駿河台の小栗家屋敷内で死去したので、島根県ではほとんど知られていない
三好権三の墓(小栗上野介・遣米使節) 三好権三(小栗上野介・遣米使節)
三好権三の墓
正面・「釈教證信士」
右側・「七代三好藤左衛門秀紀ノ八男 俗名三好権三義路事 行年二十八才 文久二年五月二十二日江戸駿河台ニテ死ス」
持参した最中「小栗公」を供えて読経した
背面・「万延元年一八六〇年最初ノ遣米使節ハ新見豊前守副使村垣淡路守監察小栗豊後守忠順也 三好権三ハ小栗豊後守ノ小姓トシテ渡米 当時ノ米国大統領ジェームスブカナン胸像入り銅メタル一個記念トシテ受領 左側・「元墓石風化破損セルニヨリ 十代妻三好筆子再建之」

実は昭和59年に亡くなった筆子さんが生前に風化破損を気にしていたので、筆子さんの墓碑建立に際して寺井正運氏が再建した、という。
三好家元祖の墓
正面「釈超玄禅定門」
裏に「元祖三好藤左衛門藤原國嗣墓」
右「寛文五乙巳年二月朔日」
左「寛政十一巳未年仲秋下旬 六代三好勝右衛門藤原秀寿改建」
とある
三好家(小栗上野介・遣米使節)
町役場の近く、背後の山際に並ぶ三好家の墓地左手にあった 三好家墓地
三好家代々の墓石が並ぶ
案内してくれた町教委の桑原さんと村上文化財保護会長さんら 三好家
20年ほど前に建て直した。
現在の当主は東京にいるので、空き家となっている
三好家の門
菩提寺丸立寺に移築され寺の門となっている
門の瓦
門で使われていた瓦が歴史資料館に保管されていた。
駕籠(かご)
三好家で使われていた駕籠
日原町歴史民俗資料館
三好家の瓦や駕籠のほか、おもに大庭良美氏が収集した豊富な民俗資料がよく整理されている
高津川
島根でも有数の清流として知られ、鮎がたくさん取れるという
日原小学校
小学校のホームページに「三好権三」を作っておいてくれたお礼を述べる
日原町史
町史にも三好権三のことが少し載っているが、若くして江戸で死んだのでほとんど知られていない
日原小学校
この町の子供たちが「日本・島根県で最初に世界一周した三好権三」を知って誇りにしてほしい
◆権三の遺品・関連資料
記念メダルのケース
ケースが箱に入れてきれいに保存され、開けると江幡(荒川)祐蔵の遺品でおなじみの模様が迎えてくれた
記念メダル
周囲の文字は「JAMES BUCHANAN, PRESIDENT OF UNITED STATES.」
合衆国15代大統領ブキャナンで、次がリンカーン大統領となる
メダルの背面
「IN COMMEMORATION OF THE FIRST EMBASSY FROM JAPAN TO THE UNITED STATES.1860」
写真
残念ながら画像が消えてしまっている。「C.D.
FREDRICK」とあり、ニューヨーク・ブロウドウェイで撮影したもの
権三の位牌
江戸で作られたものが安置されていた。
従者の任命書
「三好権三 右御供頭被仰付 御給金四両弐分被成下 九月」
古文書
いくつかの関連資料が大事に保管されている
関連ページ
毎日新聞島根版…群馬版でも12月1日に

世界一周の旅…世界一周をした最初の日本人
遣米使節の行程:日本人初の世界一周の行程表

遣米使節の旅コースを訪ねる:フィラデルフィア編
US cities the Japanese delegation visited in 1860: Philadelphia


遣米使節の旅コースを訪ねる:ワシントン編:海軍造船所の正門はまだ存在していた
US cities the Japanese delegation visited in 1860: Washington


遣米使節の旅コースを訪ねる・ニューヨーク編:ブロウドウェイを途中から迂回して
リーフレット『遣米使節三船』:教科書から咸臨丸を外すために
Brochure "Three Ships That Carried the First Japanese Embassy to the United States Around the World"


Bridge of Hope (English) … 小栗上野介の業績を紹介するJEWL発行の書籍
JEWL(Japanese Executive Women's League) in Los Angeles introduces the achievements of Kozukenosuke Tadamasa Oguri in the book they published.


大統領の記念メダル:使節と従者全員に金・銀・銅のメダルが贈られた
世界一周をした名主・佐藤藤七:権田村名主が従者として世界一周
玉蟲左太夫:仙台藩士の見た世界は新鮮だった
遣米使節小栗の従者:小栗忠順の従者9名
遣米使節従者・三好権三…島根の人だった
遣米使節の業績・・・1本のネジくぎを持ち帰った小栗

遣米使節三船…ポウハタン号で渡米。咸臨丸ではない

   咸臨丸
「木村摂津守喜毅は副使」「副使が乗る船が咸臨丸」という説の誤り…近年広まった副使説、根源はどこか
「咸臨丸病」の日本人:何でも勝海舟を出さないと気がすまない症候群
ブルック大尉::咸臨丸が沈まなかったのはブルックとジョン万次郎のおかげ
修身教科書が作った咸臨丸神話・・・国定教科書が教えた虚構

日の丸を国旗に決めた遣米使節…船印だった日の丸を国印に決めた
トミーポルカ:アメリカで大人気となった少年通訳立石斧次郎の音楽
遣米使節とアメリカの酪農…初めてアイスクリームを食べた日本人

大統領の記念メダル:使節と従者全員に金・銀・銅のメダルが贈られた

「ポウハタン号の町・伊豆下田」

帆船模型作家・岡崎英幸さんに感謝状…おかげで「遣米使節3船」がそろいました

従者・江幡(荒川)祐蔵の記念メダル
木村鉄太(リンク)…熊本からの情報