小栗上野介・ワシントン    史跡調査  遣米使節の旅 ワシントンを訪ねる   2010平成22年9月

Kozukenosuke Tadamasa Oguri in New York The Journey of the Japanese Delegation in 1860 - Historical Site Research in Washington DC in September 2010

史跡調査  遣米使節の旅 Historical Site Research - The Journey of the Japanese Delegation in 1860 
ワシントン
 Washington DC
ワシントン海軍造船所  上陸と見学地
Washington Navy Yard Landing and the places they visited

*文中の日付けは和暦で、( )内が西暦による日付 * The year in the bracket is by the Japanese calendar.

遣米使節一行は、万延元年閏三月二十四日(1860年5月14日・月)ワシントン海軍造船所に上陸後、馬車でパレードしてウィラードホテルへ導かれた。ホワイトハウスでブキャナン大統領との面会がすむと、数日後に再び造船所を訪ねて内部を見学した。

The Japanese delegation of 1860 (the Year of Man-en 1st) landed at the Washington Navy Yard, paraded the streets of the capital city on horse-drawn carriages and then arrived at Willard Hotel. On the following days, they met President Buchanan and visited the Navy Yard again to see it closely.

見学記念写真 前列右から2人目が小栗上野介
Commemorative photo at the yard. The second person from the right in the front row is Kozukenosuke Tadamasa Oguri.
▲ワシントンに上陸した一行は、熱狂的な歓迎を受けた。たくさんの人々がパレードする沿道に詰めかけ、馬車で行進する一行を歓迎した。▲

▲ Landing at the Navy Yard, the Japanese delegation was welcomed by crowd of frenzied people (photo on the left). There was a huge number of people on the streets too and they welcomed the Japanese marching on carriages (photo on the right). ▲
▲造船所を囲む塀が長く続く。海軍の施設だから、入れてもらえないだろうと思っていた。

▲ There is a long wall surrounding the yard. We thought at first that they would not allow us to enter the premises, but...
入口に近づくと、衛兵が立っていて、「ミュージアムか?」と訊ねる。シメタ!入れる!。造船の役目を終えて、海軍博物館が出来ているから思ったより簡単に入れた。

▲ When we approached to the gate, a soldier asked us, "Are you going to the museum?"and then let us in quite easily. We later realized that, since they had stopped building ships and did not have much secrecy, they welcome the public. The U.S. Navy Museum in the premises displays the history of U.S. navy.
▲遣米使節一行は図の下の桟橋あたりに上陸した。桟橋右端の隣の細い水色が、ドック。

▲ The Japanese delegation probably landed somewhere around the piers at the bottom in the drawing. The blue-colored vertical line on the right bottom seems to be the old dock.
海軍博物館 たくさんの海軍の歴史資料が整理されて陳列されている。マニアにとっては1日居ても飽きない展示に見えた。そしてなんと「パウハタン号」の模型も飾られていて、「米国海軍最後の蒸気外輪軍艦」だそうな。この後はスクリュー式に変わっていったということになる。

National Museum of the US Navy: It displays a lot of historical materials of U.S. Navy in order. The display would not tire you if you were a navy maniac. Among other things, I was quite impressed that a miniature of the steamer Powhatan which carried the Japanese delegation across the Pacific was displayed as the last paddle steamer of the U.S. Navy. It means that all the ships built after this ship were with propellers.
▲博物館隣の造船所提督の官舎 小栗公たちは後日に再度訪ねて造船所を見学し、ここで食事をご馳走になった。

Former residence of the Navy Yard's commander: Kozukenosuke Tadamasa Oguri and his fellow delegation members were served meals after seeing the facilities of the yard.
上陸した波止場付近 見学用のフリゲート艦が係留されていた。

A wharf: The Japanese delegation probably landed somewhere around here, but the exact location could not be pointed out because of reclamation of the river since then. There was a frigate berthed for the public to visit.
▲一行が見学したドック  石垣の積み方は横須賀造船所の切石の方がきっちり積まれている。

The dock the Japanese delegation saw: I noticed the stone-walls were not structured as tight as those at the Yokosuka Shipyard.
正門  一行の日記に「石の門を出た」とあるのはこの門だった! 一行は馬車でここから出発し、ペンシルバニア通りへと進んでいった。現在は「グーグルのストリートビュー」で確認できるが、やはり行ってみて理解できた。感激した。 右の画像は、内側から見た正門 ▲ 

▲ Latrobe Gate (front gate): Some of the delegation members wrote in their diaries that they had gone out to the street through a stone-built gate. I now know that they meant this gate. The Japanese delegation started the parade from here on horse-drawn carriages and proceeded on 8th Street to Pennsylvania avenue. I could have seen this gate on Google Map's street view if I had known the location, but it was more tangible and moving to see the real gate. The photo on the right shows the inside view of the gate at a distance. ▲ 
▲所内のレストラン 天井には鉄骨のアングルがあって、元工場跡の雰囲気が残る。 食事は安くておいしかった。

Restaurant in the yard: We saw steel structures exposed on the ceiling that reminded us that the place was formerly a factory. They served good dishes at low prices.
▲所内の資料局 ここの写真担当ジェームス・アレン氏が詳しい資料を示し、コピーしてくれた。

Naval Historical Center in the yard: Mr. James Allen Knechtmann of the center kindly provided us with detailed information as well as some copies of those data.
▲一行が見学記念写真を撮ったのはこのあたり とアレン氏は案内してくれた。

▲ According to Mr. James Allen Knechtmann, the commemorative photo of the Japanese delegation at the top of this page was taken in this area.
この時見た造船所は鉄を溶解して、蒸気機関のボイラーやシャフト、歯車、さまざまな太さのパイプ、大砲の部品、ライフル銃の部品、からドアノブまで、とにかくあらゆる鉄製品を作り、木工所では材木を加工して船体、船室、階段、手すり、を作り、さらに向こうでは部品を集めてきて「船も」造る、いわゆる総合工場だった。「こういう施設を日本に設ければ、日本は近代化のスタートラインに立てる!」小栗忠順はそう直感した。
その直感が横須賀造船所を生み出した、記念すべき見学と言える。

At the navy yard, what the Japanese delegation saw was not a mere shipyard but rather a all-round factory where molten iron was handled to make all the steel products such as boilers and shafts for steam engines, gears, piles of various thickness, parts for cannons and rifles, and door knobs, lumber was cut at the carpentry shop to make ship bodies, cabins, stairways, and handrails, and in the final stage all the parts are assembled to complete ships. Seeing the factory, Kozukenosuke Tadamasa Oguri felt in his bones, "We will be able to stand at the start line of modernization if we build a factory like this." After all, his experience at the yard would be a fundamental drive of constructing the Yokosuka Shipyard in later years. In that sense, their visit to the Washington Navy Yard was a turning point for Japan's industrialization.
 
 ワシントン海軍造船所構内・ウィラードパークに 
遣米使節上陸記念碑建立・除幕式
2016平成28年5月13日
 遣米使節一行は河蒸気船フィラデルフィア号でポトマック河をさかのぼってワシントン海軍造船所波止場に着いた。その構内のウィラードパークの芝生に万延元年遣米使節子孫の会が建設し、米国に寄付した上陸記念碑の除幕式が、米海軍主催で行われた。

 ◆アメリカで初の遣米使節記念碑・・・国内には芝公園の増上寺門前の松林の中に遣米使節出発の碑があるが、アメリカでは今回の建立が初の記念碑となる。
 ◆遣米使節の行程確認・・・ワシントンのどこに上陸したか、という歴史が確認できる。
 ◆歴史の錯誤を正す・・・サンフランシスコから帰国した咸臨丸とは行程が違うことが明確となる。

 これまで中学高校の歴史教科書で遣米使節はごくあっさりと「遣米使節が渡米した」程度で終わり。しかもその説明に遣米使節が乗っていない咸臨丸の絵が使われている。これでは、遣米使節は咸臨丸で渡米した、勝海舟が連れて行った、程度の錯誤を振りまくだけで遣米使節がどういうコースでアメリカへ行き、アメリカのどこに上陸したのか・・・いっさいがわからないまま、「なんでも咸臨丸」「なんでも勝海舟」という国民が生み出されていました。

課題:サンフランシスコにも遣米使節記念碑が必要…最初のアメリカ上陸地はサンフランシスコ/日本人が訪ねるサンフランシスコ対ワシントンでは1万人対一人くらいの差で圧倒的にサンフランシスコが多い/サンフランシスコには「咸臨丸入港百年記念碑」があって、「咸臨丸症候群」の日本人を増やし続けている
     
 ▲日本からも参加した子孫の会会員たちと 上陸記念碑は長〜い大炮の奥に設置されている  当時の接待委員デュポン大佐の子孫が、副使村垣範正から贈られた日本刀を持参
(右から二人目は)ノーマン・ミネタ議員 
     
除幕する  (朝日新聞撮影)  祝辞を述べるノーマン・ミネタ元上院議員
(朝日新聞撮影) 
祝辞を述べる村垣孝会長 (朝日新聞撮影)
     
 ▲除幕式プログラム 碑面に一行だけ日本語で「一般社団法人 万延元年遣米使節子孫の会」とある  造船所提督の官舎  上陸した一行はここでお茶をごちそうになったあと、馬車のパレードが始まった
     
佐藤藤七の絵日記 レセプション会場で「東善寺の村上さんですか」と尋ねてきた米国議会図書館に勤めるイトウ氏が紹介したのは、メリーランド大学院生のクリステイさん。なんと、佐藤藤七の『渡海日記』の挿絵だけの和綴じ一冊が議会図書館に入っていて、その絵を研究しているという。 ALTで福井県に在住経験があり、拙著『小栗忠順従者の記録』も同図書館にあって、その挿絵と絵日記を比較研究しているという。  ▲ドック 遣米使節一行も見学したドックが使われないまま現存している。

パレードの道  Parade's Route

遣米使節三使 左から 副使村垣淡路守範正・正使新見豊前守正興・目付小栗豊後守忠順
1860年6月2日朝、大統領が使節3名の写真を欲しいということで写真師がホテルに派遣され、
ウィラードホテルの礼拝堂で撮影した。
ワシントン海軍造船所を出発した一行は、8番ストリートを北上して、ペンシルバニア通りで左折し、ペンシルバニア通りを北西に向かって進み議事堂前、を通ってウィラードホテルへと進んだ。沿道ではたくさんの市民が歓迎の声をあげ、花束を投げ入れ、馬車列が停まるたびにそばまで寄って来て、話しかけた。

After landing at the Washington Navy Yard on May 14, 1860, the Japanese delegation paraded the Eighth street to the north, Pennsylvania Avenue to north-west passing the Capitol Hill, and arrived at Willard Hotel. On the streets, huge crowd of citizens welcomed the delegation, threw flowers in the carriages, and came close and talked to the delegation members every time the parade stopped.
8番通り→→ペンシルバニア通りと行進した一行が見たであろう景色や建物を探す。いちいち確かめられないが、造船所付近には当時をしのばせる古い建物がたくさん残されていた。

We tried to find old buildings on the route that the Japanese delegation might have seen 150 years ago. Though it was hard to say with certainty, there were many buildings, especially near the Navy Yard, old enough to be seen by the delegation.
議事堂前は広い芝生が広がり、建物の高さが制限されているから空が広い。議事堂からワシントン記念塔が見通せる。あの塔の右手あたりがウィラードホテルとなる。さあ行進の跡をたどって歩いてゆこう。

There is a large open area with lawn in front of the U.S. Capital and the height of the buildings are severely limited all over the city, so the sky is wide and open. We could see the Washington Monument from the capital (photo on the right). Willard Hotel is located almost on the right side of the Washington Monument. We continued to walk, following the parade's route of the Japanese delegation.
ペンシルバニア通りの両側にも古い建物がたくさん見受けられた。こういう建物を眺め、驚きかつ圧倒されながら進んだことだろう。

There are old buildings along Pennsylvania Avenue, too. The Japanese delegation may have seen some of these buildings, marveled and overpowered, while they were parading.
▲郵政省跡 現在はフードコートなどが入るショッピングビル。 ただし入るのに持ち物検査があるのではお客が入りづらいのだが…。

Old Post Office Department building: The department does not exist any more and there is a food court in the building. However, most of the buildings in this part of the capital require checking of personal belongings and this building is not an exception, so people must be hesitant to enter.
▲国会議事堂前 議事堂前まで近づいて大勢の人々が写真を撮っている。日本では警官がたくさんいて、地下鉄の駅までに何回か職務質問される。

The Capital: People can go very close to the building to take photos. It is an unimaginable situation around the Parliament House in Tokyo because you would encounter police questioning several times even at a subway station nearby.
▲ウィラードホテル 使節一行が泊まった建物は建て替えられたが、やはり超一流ホテルの風格がある。

Willard Hotel: The Japanese delegation stayed at this hotel for 25 days from May 14 till June 8, 1860. However, the building they stayed at was torn down and replaced with this new building in 1901. The hotel still has an atmosphere of a first-class hotel.
▲婦人の絵 着飾った婦人たちがホテルで待ち構え、興味しんしんで見つめていた。

Painting of ladies in old time: There are some old paintings like this in the hotel. Some dressed-up ladies were looking at this painting with much interest when we passed by.
▲ホテルのメニュー 1860年5月18日のメニューにはバニラアイスも出されたとある(東善寺蔵)。

Menu of Willard Hotel (Owned by Tozenji Temple): Vanilla ice was on the menu on May 18, 1860.
▲晩餐会 ホテルの第1泊め夕食には、たくさんの種類の食事が出された。「日本人は何を好んで食べるか」を調べるためだった。

Dinner Party: On the first dinner, various foods were served to find out what kind of foods the Japanese preferred.

ホワイトハウス  White House 
遣米使節は万延元年閏3月27日(西暦1860年5月17日・木)、ウィラードホテルからホワイトハウスへ行き、12時に「東の間」でブキャナン大統領に謁見し、条約批准書を渡した。ホワイトハウス北側の入口から入って、車寄せで馬車を降り8から入ってが使節の控室、が従者たちの控室。5の「東の間」が面謁室だった。

The Japanese delegation visited the White House from Willard Hotel on May 17, 1860 (March 27, the year of Man-en 1st). At noon, they had an audience with President Buchanan and gave him the instrument of the ratification of the Treaty of Amity and Commerce Between the United States and the Empire of Japan. Arriving at the White House, they entered the premises from an entrance of the north side, got off the carriages at the driveway apron, entered the building through the hall "8" in the drawing below and waited in the anterooms of "2" for ambassadors and "3" for suite. Then, they met President Buchanan in the East Room of "5."
▲一行がウィラードホテルを出発し、西へ進むとすぐにホワイトハウスの柵が見えてきた。

▲ Soon after they left Willard Hotel and proceeded westward, they saw the palisades of the White House.
▲北側に二つあるゲートの右(西寄り)ゲートから入って、車寄せで馬車を降りた。

▲ The Japanese delegation entered the premises through the west side gate of the north entrance and got off the carriages at the driveway porch.
▲「すべて鉄の棒で出来た柵」と日記に書かれた柵は、いまも変わらない。▲北側入口から一回りして、南側から見ると、▲おなじみの半円形バルコニーが見えた。

▲ As some delegation members wrote in their diaries, "the palisades made of iron" still stand there (photo on the left). Walking around the house from the north side (photo in the middle), we were able to see the famous half-circle-shaped balcony from the south at a distance (photo on the right).
▲ウィラード・ホテル近くの噴水の広場には、ホワイトハウスの間取り図がはめ込まれていた。こちら側が東の間。

▲ There is a floor plan of the White House embedded on the ground of a fountain park near Willard Hotel. The room on this side is the East Room.
ワシントン記念塔とリンカーン記念堂 議事堂からまっすぐ西に3キロ延びた広いグリーンベルトはリンカーン記念堂に行きつく。 素晴らしい都市設計だ。

The Washington Monument and the Lincoln Memorial: The green belt stretching from the Capitol Hill to the Lincoln Memorial has a length of about 3 km and has the Washington Monument in between. What a beautiful city plan!

ジョージ・ワシントンの住居と墓所がある
マウントバーノン

Mount Vernon
George Washington lived in his later years and died here.


使節一行が乗った船「フィラデルフィア号」がポトマック川をさかのぼる途中、船が停まって乗組員たちがジョージ・ワシントンの墓所に向かって船上から黙とうした。その景色を確かめたくて、ワシントンの南のマウントバーノンへ車を走らせた。
         
     フィラデルフィア号 
          蒸気機関のみで航走する最新の河蒸気船だからマストがない。新造のきれいな船に遣米使節一行は感心した(長野和郎氏提供)

On May 14, 1860, the Japanese delegation got on the steamboat Philadelphia at Hampton Roads from the steam frigate Roanoke and continued their journey on Potomac River to Washington. On the way, the ship stopped near Mount Vernon, and all the American officers and crew observed a silent prayer toward the tomb of George Washington on the west bank. We wanted to see the scenery, so we took a drive to Mount Vernon in the south of Washington.
田舎道 ワシントンから南へ向かうとこんな田舎の風景になる。

▲ Country road: Driving for half an hour or so to the south of Washington, we were on a country road with little traffic like this.
ワシントンが住んでいた住宅の入口 博物館もできて聖地のような観光地となっている。

Entrance of the Washington's residence: It is kind of a holy land as well as a tourist attraction with a museum built nearby.
受付 ワシントン一家の像が出迎えてくれる。

Reception: Statues of the Washington family welcome you at the reception.
新しい墓所 移動したワシントン夫妻の新しい墓所にお参りする。

▲ New Vault: I bowed to the vault of the Washingtons where George Washington and his wife are sleeping. The vault was transferred here in 1831.
古い墓所 ジョージ・ワシントン自身が遺書に「ワシントン家の墓は修理が必要で場所も良くないから、ぶどう畑の付近にレンガ製でもっと大きなものを作って欲しい」と残したこともあって、1831年に左写真の新しい墓所に移された。

▲ The family vault was moved to the new place in the photo on the left in 1831 because George wrote in his will as follows:
"The family vault at Mount Vernon requiring repairs and being improperly situated besides, I desire that a new one of Brick, and upon a larger Scale, may be built at the foot of what is commonly called the vineyard enclosure... -- George Washington"
▲大勢の観光客が、畑や、放牧の家畜の間を散策している。

▲ A lot of tourists were strolling around vegetable fields and pastured farm animals.
波止場 川岸から所要時間40分の川船ツアーがあって、川に乗り出すことができた。

Jetty for sightseeing boats: We took 40 minutes tour on the river.
川の真ん中あたりから見たワシントンの住居 使節一行と同じ目線で、川の真ん中から眺められることに感激した。

Washington's residence: We were thrilled at seeing the residence from the river with the same angle as the Japanese delegation did 150 years ago.
▲このあたりは豊かな自然が残されていて、遣米使節一行が眺めた景色が今も変わらない、と思える。

▲ Mount Vernon is endowed with nature even today. I thought that the Japanese delegation must have seen almost the same scenery 150 years ago.
▲広くゆったり流れる川をさかのぼると遠くワシントンのビルや橋が見えてくる。 左がアレキサンドリアあたり。

▲ After cruising for about 15 minutes upstream on slowly running Potomac River, we were able to see the Washington Monument and the Capital of Washington at a distance. The town of Alexandria must be on the left bank.
ワシントン砦 一行の日記にも登場する、首都を護る大きな砦が左岸に残されていた。首都は外国船が直接乗りこめない少し浅い川の奥に設けられ、こうした砦が途中を守るしくみ。

Fort Washington: We saw Fort Washington, which used to protect Washington D.C., on the east bank of Potomac River. Some members of the Japanese delegation mentioned it in their diaries. American people selected an upstream location near a shallow river for their capital and protected it with this fort so that enemy ships could not approach easily.
濁った川 日記に「川の水は濁っている」とあるように、たしかに濁った水だった。たくさんのカモメが船についてきた。

Cloudy river: The water of Potomac River was quite cloudy as mentioned in the diaries of some delegation members. There were a lot of birds, probably seagulls, following the boat.

関連ページ  Related Pages
遣米使節の旅コースを訪ねる:フィラデルフィア編
US cities the Japanese delegation visited in 1860: Philadelphia

遣米使節の旅コースを訪ねる:ニューヨーク編
US cities the Japanese delegation visited in 1860: New York

リーフレット『遣米使節三船』 
Brochure "Three Ships That Carried the First Japanese Embassy to the United States Around the World"

Bridge of Hope (English) … 小栗上野介の業績を紹介するJEWL発行の書籍
JEWL(Japanese Executive Women's League) in Los Angeles introduces the achievements of Kozukenosuke Tadamasa Oguri in the book they published.

遣米使節の行程:日本人初の世界一周の行程表
ブルック大尉:咸臨丸が沈まなかったのはブルックとジョン万次郎のおかげ
大統領の記念メダル:使節と従者全員に金・銀・銅のメダルが贈られた
小栗忠順の通貨交渉:フィラデルフィアで「ノー」といって進めさせた通貨実験は
日の丸を国旗に決めた遣米使節…船印だった日の丸を国印に決めた

世界一周をした名主・佐藤藤七:権田村名主が従者として世界一周
玉蟲左太夫:仙台藩士の見た世界は新鮮だった
遣米使節小栗の従者:小栗忠順の従者9名
遣米使節従者・三好権三…島根の人だった
遣米使節の業績・・・1本のネジくぎを持ち帰った小栗
横須賀明細一覧図を読む…図から読み取れる産業革命の地横須賀

遣米使節三船…ポウハタン号で渡米。咸臨丸ではない
   
    咸臨丸
「木村摂津守喜毅は副使」「副使が乗る船が咸臨丸」という説の誤り…近年広まった副使説、根源はどこか
修身教科書が作った咸臨丸神話・・・国定教科書が教えた虚構
咸臨丸病の日本人・・・何でも勝海舟と咸臨丸を登場させて思考停止する症候群


「ポウハタン号の町・伊豆下田」
帆船模型作家・岡崎英幸さんに感謝状…おかげで「遣米使節3船」がそろいました
トミーポルカ…アメリカで大人気となった少年通訳立石斧次郎の音楽
遣米使節とアメリカの酪農…初めてアイスクリームを食べた日本人

遣米使節一行一覧表(リンク)
岡谷荘三郎(館林藩・塚原重五郎の従者)(リンク))


1