東善寺HP 幕末史・通説の誤り ●       幕末史 通説の誤り



幕末史 小栗上野介をめぐる
通説 の誤り

 人物
・ 小栗上野介は德川絶対主義者
 
 遣米使節
フィラデルフィアで小判金貨がドル金貨の三倍の価値と認めさせた
通貨交渉で日米通貨の問題を解決した
日本は銀の価値が高かった/金貨が安かった
 
 咸臨丸
万延元年遣米使節は咸臨丸で渡米した勝海舟が遣米使節
咸臨丸は日本人初の太平洋横断…「軍艦として」初 です
咸臨丸は日本人だけで航海/外国人の助けは借りなかった…勝海舟も福沢諭吉もハッタリを残した
咸臨丸に帰国を希望していた米兵を乗せてやった…頼んで乗ってもらった史実を無視して夜郎自大な日本人論に仕立てた
勝海舟の提案で派遣された咸臨丸…国定教科書『修身』で大正7年から始まった勝海舟礼賛~勝海舟神話と咸臨丸神話
木村喜毅は副使/副使の乘る船が咸臨丸…土井良三『軍艦奉行木村摂津守』(中公新書)が根源か
新見・村垣・小栗ではただの観光旅行になってしまった…徳富蘇峰に始まり勝部真長『勝海舟』に続く遣米使節矮小化論
 
 対馬事件
英艦が対馬へ行き、露艦ポサドニクが退去した …劇画のような弱腰の軍艦長がいるだろうか。軍隊組織を知らない論
小栗上野介は解決できず江戸へ戻った
小栗は対馬藩に移封・知行替えを強要した…上垣外憲一『勝海舟と幕末外交』(中公新書)は論拠不明
「氷川清話」勝海舟が陰で介入、英オールコック公使に露艦を退去させた…勝海舟の虚説 
横須賀製鉄所
・フランスに依頼したのは小栗上野介がフランス派だから
横須賀は幕府海軍増強の軍港だった/秘密の軍事基地
横須賀製鉄所はフランスからの借金で建設
・濡れ衣 四国・樺太・淡路島を担保にした
 
権田村で
大砲で打ちこわし暴徒を撃退した→権田村での最後の64日間へ
明治政府軍への抵抗拠点づくりで権田村に移住 →権田村での最後の64日間へ
/退職後も抗戦準備→和暦と西暦の読み違い
首級が埼玉県大宮・普門院に運ばれた/普門院に墓がある…館林に運ばれた父子の首級・盗掘して取り戻した村人
官軍によって処刑された …「官」の反対語は「  」、「官軍」の反対語は「  」、 「処刑」の前提に取り調べ―裁判があるはず 「民主主義」の反対語は「官主主義」