小栗上野介随想 (HP東善寺)          「長州ファイブ」が何をした


 
 
長州藩留学生5人「長州ファイブ」が何をした 
明治日本の産業革命遺産」を検証する

 
 近年、幕末にイギリスへ留学した攘夷派長州藩の若者5人を「長州ファイブ」と名付け、「国禁を犯し、命を賭してロンドンへ渡った」彼等が明治の近代化に貢献したから日本の近代化が進んだように、異様に持ち上げる風潮が見られ、教科書の副読本にまで入りはじめている。
工業分野で見ると、


例:2015年認定の明治日本の産業革命遺産」パンフレット 冒頭第1ページに
     
 ▲パンフレット「明治日本の産業革命遺産」表紙  冒頭 第1ページに上記の5人が入っている (左上から時計回りに遠藤謹助・井上勝・伊藤博文・山尾庸三・井上馨 ) 
 このパンフレット第1ページトップに「長州ファイブ」を入れる構成で、いかにも彼らが日本の近代化を牽引し「明治日本の産業革命」がなされたように錯覚させる構図となっている。  *上記パンフレットは税金で作られている。

 基本的に、この世界遺産にしてしまった「明治日本の産業革命遺産」なるものには、「産業革命のための努力遺産」程度のものがたくさん含まれている。さらに見当違いなもの(萩城下町・松下村塾・グラバー邸)までこじつけて混ぜ込んでいる。 「萩の城下町」があって「松下村塾」があったから「長州ファイブ」が生まれ日本の産業革命が起こった、というストーリーを定着させたい意図が透けて見える。
                                       →下部の明治日本の産業革命遺産参照

 「産業革命は蒸気機関の利用」からとする常識はこのパンフレットでは通用しないから、原動力は「水力」が多く、「足踏みフイゴ」まである。
 蒸気機関の使用で早いのは長崎の小菅修船場(船を引き上げるための動力で、モノづくりではないだけが明治元年、ほかはすべて明治30~40年代。このままでは「日本の産業革命は明治30年代からでいいんですか」という疑問や誤解が生まれることだろう。*ただし、パンフレットには施設ごとの「原動力は何か」「いつから建設・操業」が書かれていないから、それを私見で補った →下部の明治日本の産業革命遺産を参照されたい。
 例:桜木町駅南口「旧横浜鉄道歴史展示」  南口を出て左、交差点を渡ったビル「CIAL」1階【旧横ギャラリー】
  
汽車が展示され、、鉄道関連の展示も圧巻  ▲汽車の裏側壁面左に、小栗上野介の業績紹介も 右奥になんと「長州ファイブ」が

その解説 1863文久三年にイギリスに「国禁を犯して密出国で留学した長州藩士」が欧州で近代工場を 「見学したと思われる工場」と説明している。「と思われる」で済むなら、なんでもアリとなる(そういえば大本営発表の戦果発表によくあった)。

彼等がイギリスで近代工場を「見学したと思われる」ころ、すでに3年前に遣米使節から帰国した小栗上野介ら開明派の幕臣は、ワシントンで見学した総合工場である「造船所」を建設すれば日本も近代化のスタートを切れると確信、その建設を強く提案し続け、2年後(1865慶応元年九月)の横須賀製鉄所(造船所)着工にこぎつけている。

横須賀に大きな川はないから水力は期待せず、仏人技師長ヴェルニーによって初めから全て蒸気機関を原動力とする横須賀製鉄所の工場群が設計・建設された。出来上がった工場群の経営もフランス人に任せ、日本人がその方式に合わせて就業して、横須賀製鉄所(造船所)は日本産業革命の地となっていった。
 「長州ファイブ」に攘夷のテロリストが二人

■ 「長州ファイブ」メンバーの伊藤博文山尾庸三は前年に放火・殺人のあと密出国している

1,放火 1863文久二年十二月十二日に、攘夷派長州藩士が品川御殿山に建設し完成間近のイギリス公使館に放火焼失させている。隊長:高杉晋作 副将:久坂玄瑞 火付け役:井上馨、伊藤博文、寺島忠三郎 護衛役:品川弥二郎、堀真五郎、松島剛蔵、斬捨役:赤根武人、白井小助、山尾庸三

2,殺人  9日後、二人は今度は盲目の大学者・塙はなわ保己一ほきいちの息子で学者の塙次郎忠宝ただとみを暗殺した。1863文久二年十二月二十一日、二人は帰宅途中の塙次郎を襲って殺害 
 塙次郎が寛永以前の外国人待遇の式典を調べていたのを、孝明天皇の廃位を図って「廃帝」の先例を調査している、との噂による誤解が原因だった。

噂をもとに、暗殺実行の数日前に二人は「国学入門」と称して訪ねて塙次郎に面談、顔を覚えて実行、という念入りな確信犯のテロだった。なぜ訪ねたときに噂はほんとうかと質問しなかったのだろう。攘夷派は「尊王だ」「攘夷だ」と振りかざせば「何をしても自分たちは正しい」という傲慢な意識を育て、それが明治以降の官軍意識につながったのではなかろうか。

上記「世界遺産」パンフレットでは「国禁を犯し、命を賭してロンドンへ渡った・・・」と彼らの悲壮な状況を強調して紹介しているが、「国禁」以前の基本として人としてやってはいけない殺人を軽率に意図して念入りに犯した二人が、命を賭してロンドンへ渡った」と独りよがりの紹介記事で紹介されても、殺人を犯したテロリストも自分の命は惜しいのかとシラケル。とても教科書や副読本で「長州ファイブ」などと紹介できる人物・行いではない。

*上記、桜木町駅南口「旧横浜鉄道歴史展示の紹介文「国禁を犯して密出国」は「明治日本の産業革命遺産」パンフレットを下敷きにしたのであろうか。

攘夷派長州藩の裏切り行為 
密出国は外国船砲撃
攘夷決行の二日後
 
■ 尊皇攘夷を唱えてテロ行為を繰り返し倒幕運動を進めていた長州藩は、1863文久三年五月十日関門海峡でアメリカの商船、二十三日フランスの商船、二十六日オランダの軍艦をいきなり砲撃した。後に4カ国艦隊に報復攻撃されて完敗し、賠償問題となった時長州藩は、幕府が「攻撃された場合は反撃してよい」と専守防衛を条件としていたことを隠し、「幕府の命令でやった」といい抜けて賠償責任を逃れている。

 外国船砲撃の二日後、長州藩士の若者5人は五月十二日に横浜から密出国している。乗船を援助してくれたのは英国総領事ガワー、乗った船はジャーディン・マセソン商会の英船、攘夷派のはずの彼等の留学先は英国、とイギリスづくし。

 前年十二月に攘夷行動としてイギリス公使館建物に放火し焼失させておきながら、こんどはイギリスにおんぶにだっこされて、英国の船に乗って英国へ行くことの矛盾をなんとも思わなかったのだろうか。

過激な攘夷運動をしていながら、そのウラでは攘夷の対象であるはずのイギリスへ学びに行くという、裏切り行為。このような「攘夷は看板だけ、実態は政権奪取」というやり方だったら、2022令和4年に社会問題となった「宗教・平和を看板にしながら実態は詐欺行為」の新興宗教「旧統一協会」と共通するやり口と見える。
 山尾庸三は工部大学校設立 で「工学の父」とか
でも現場実習の単位は横須賀造船所で実習・取得していた
 山尾庸三は帰国後に工部大学校(のち東京大学工学部)の設立に寄与したとして一部では「工学の父」だとしている。

でも、その東京大学工学部学生は卒業必須単位の現場実習単位を取得するために、(西軍=明治新政府軍=薩長軍によって殺害された)小栗上野介が建設を提議推進して完成した横須賀造船所での現場実習が義務付けられていた。「いいとこ取り」だけしていたことになる。当時、日本にこれほど完全な設備を備え、出来上がった工場ごとに慶応年間から稼働していた初めから蒸気機関による近代工場群は他になかった。当時の日本で最高の実技習得ができる総合工場だった。

明治維新を無条件に賛美する作家司馬遼太郎さえも、晩年に「横須賀は日本近代工学の源泉(「街道をゆく・三浦半島記」)と認めている。
 「長州ファイブ」語源はロンドンの大学の石碑 というが
 
 そもそも「長州ファイブ」なる名称の語源はロンドンのユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の長州・薩摩留学生記念碑にあるという。その碑の表面はすべて日本語が刻まれ 裏面が英文という石碑はどう見ても、日本で製作して持ち込んだと見えるシロモノ。もしロンドン大学主体で薩長の日本人聴講生のためにこのような石碑を作るなら、他の国からも同程度の留学生もたくさんいて帰国後に各国で活躍しているはずだからほかの国の石碑もいっぱいありそうなもの。そう考えると、日本で作成し、かなりのお金を使って大学当局に建立を認めさせたことがうかがわれる。
                    
 自作自演の石碑を根拠に映画「長州ファイブ」を作り、高校中学の歴史副読本やパンフレットに登場させて、彼らが日本の工業近代化を牽引したと錯覚させるようシナリオを指導し、それに忖度迎合したのは誰だろう。
 
 日本の近代化を遅らせた攘夷運動
 
■1860年秋に万延元年遣米使節一行が帰国した時、既に井伊大老は水戸浪士に暗殺され、日本中が攘夷の風潮に染まっていて、攘夷でなければ武士の風上に置かれない空気が充満していたから、使節団一行の者はうっかり渡米の見聞や西欧から学ぶべきことを自分からは語れない雰囲気だった。
 *そういう風潮の中で「小栗一人はばかることなく米国の進んだ文明の見聞を説き、政治・軍備・商業・産業については外国を模範とすべき、と遠慮なく論じて幕府のものたちを震え上がらせた(福地源一郎『幕末政治家』) 

■ところが尊王攘夷運動の総本山と言われる水戸の德川斉昭は、攘夷について福井藩主松平春嶽(慶永)に下記のような手紙を送っている。

外国人交際の道、最宜敷事にてはなし、乍併(しかしながら)、今の時世いかんともすることあたはず、貴君(慶永)には、御少年之義にも候故、以来の御心得に可申候。とても攘夷など被行候事は難出来、是非交易和親の道、可相開、其時は御尽力被成候がよろしく候。斉昭老年也、攘夷の巨魁にて、是迄世を渡り候ゆへ、死ぬまで此説は不替心得なり。貴君へ此事申入る(松平春嶽『逸事史補』)

現代語訳:外国人との交際はよいことではない。しかし今の時世ではどうにもできない。あなたはお若いことだから、今後のために申し上げます。とても攘夷などできないから、交易と和親の方策を建てるのがよい。その時は努力されたらいいでしょう。自分は老年だから、これまで攘夷の巨魁として世を渡ってきたので、死ぬまでこのままでゆきます。貴君にこのことをお伝えします。意訳:村上泰賢

なんとも呆れた手紙と言ってよい。水戸藩は尊王攘夷論を振りかざす改革派家臣と、過激な尊王攘夷論では水戸徳川家が幕府によってつぶされかねないとする保守派の家臣とが、互いにしのぎを削って藩内を二分し、やられたらやり返す血で血を洗う藩内党争が繰り広げられた。その結果明治維新の頃には見るべき人材は払底していたと言われる。その根本原因を作って烈公と呼ばれた当主斉昭がこのような不毛・不誠実、かつ無責任な人であったとは、呆れるしかない。水戸を震源地とした不毛の尊王攘夷運動で理不尽に殺し殺された、外国人を含めたくさんの人々の霊は浮かばれない。
 
*不毛とは・・・明治維新以後明治政府を筆頭に誰も攘夷を言わなくなったことをいう。政権を奪うための看板に過ぎなかったとわかる。

 これでいいのか「日本の産業革命遺産」
明治日本の産業革命遺産-製鉄・鉄鋼・造船・石炭産業-
を検証する
 安倍内閣政府が推進し世界遺産となった「明治日本の産業革命遺産」の23の施設を検証すると、中学生が教えられる「蒸気機関の使用から産業革命」という定義に当てはまらない施設がたくさんある。

1,原動力を蒸気機関 とする施設を見るとわずかに「17 明治元年 高島炭坑」「12 明治元年 小菅修船場」だけ早期性がある。「小菅修船場」はモノづくりではなく修理のための船曳き揚げ動力だけに使われたから、産業の外縁施設。残りはすべて明治30~40年代である。日本の近代産業はそれほど遅く始まったのかと外国人もびっくりするだろう。
2,蒸気機関でないもの 「3 原動力足踏みフイゴの大板山たたら製鉄遺跡(萩)」、水力が原動力の「1 萩反射炉」「6 旧集成館反射跡(鹿児島)」「9 韮山反射炉(静岡)」「10 橋野鉄鉱山高炉跡(岩手)」など
3,論外・不適切な施設   「4 萩の城下町」、「5 松下村塾(萩)」は塾生が石炭掘りでもしていたというのか。「19 グラバー邸(長崎)」は元武器商人の屋敷跡のはず。論外とこじつけの「産業革命遺産」で、これでは審査したユネスコの認定作業自体が疑われる。

 そして、これらの施設に「長州ファイブ」がどう関わったというのだろう。
 
     世界遺産に認定された23の施設  左の新聞発表にない項目・原動力と建設年
                村上泰賢が調査し追加
構成施設
Facility
 所在地
Location
1原動力
1 Driving force
2 建設年
2 Construction year
萩反射炉 *試験炉で非実用
Hagi Reflection Furnace
* Test furnace, not for practical use.
山口県萩市
Hagi City, Yamaguchi Prefecture
水力 安政2年
1855
恵美須ヶ鼻造船所跡
Ebisugahana Shipyard Site
安政3年
1856
大板山たたら製鉄遺跡
Oitayama Tattara Iron Manufacturing Site
足踏みフイゴ
Foot-operated fiddler
江戸中期~
Mid-Edo period
萩城下町
Hagi Castle Town
 ―  ―
松下村塾
Shohka Sonjuku School
 ―  ―
旧集成館
Former Shuseikan
鹿児島市
Kagoshima City
水力
Water Power
嘉永5年~
1852-
寺山炭窯跡
Ruins of Terayama Charcoal Kiln
 ー 安政5年
1858
関吉の疎水溝(集成館の原動力)
Sekiyoshi's hydropathic ditch (the driving force behind Shuseikan)
水力源
Water power source
嘉永5年
1852
韮山反射炉
Nirayama Reflection Furnace
静岡県伊豆の国市
Izunokuni City, Shizuoka Prefecture
水力
Hydraulic power
安政元年~安政5年
1854~1858

10 橋野鉄鉱山・高炉跡
Hashino Iron Mine and Blast Furnace Site
岩手県釜石市
Kamaishi City, Iwate Prefecture
水力
Hydraulic power
安政5年
1858
11 三重津海軍所跡
Site of Miezu Naval Station
佐賀市
Saga City, Saga Prefecture
安政5年
1858
12 小菅修船場跡
Site of Kosuge Shipyard
長崎市
Nagasaki City, Nagasaki Prefecture
蒸気機関
Steam engine
1869年1月(明治元年12月)
January 1868
13 三菱長崎造船所第三船渠
Mitsubishi Nagasaki Shipyard No. 3 Dock
蒸気機関
Steam engine
明治36年
1903
14 三菱長崎造船所
ジャイアント・カンチレバークレーン

Mitsubishi Nagasaki Shipyard
Giant Cantilever Crane
蒸気機関
Steam engine
明治42年
1909
15 三菱長崎造船所旧木型場
Mitsubishi Nagasaki Shipyard, Old Wood Moulding Shop
明治31年
1898
16 三菱長崎造船所占勝閣
Mitsubishi Nagasaki Shipyard - Senshokaku
明治37年
1904
17 高島炭鉱
Takashima Coal Mine
蒸気機関
Steam engine
明治元年
1868
18 端島炭鉱
Hashima Coal Mine
蒸気機関?
Steam engine?
明治23年
1890
19 旧グラバー邸
Former Glover residence
 ― 文久3年
1863
20 三池炭鉱、三池港
Miike Coal Mine, Miike Port
福岡県大牟田市 熊本県荒尾市
Omuta City, Fukuoka Prefecture
Arao City, Kumamoto Prefecture
 ― 明治34年~明治41年
1901~1908
21 三角西(旧)港
Mikaku Nishi (Old) Port
熊本県宇城市
Uki City, Kumamoto Prefecture
 ― 明治20年
1887
22 官営八幡製鐵所
Government-owned Yawata Ironworks
北九州市
Kitakyushu City, Fukuoka Prefecture
蒸気機関
Steam engine
明治32年
1899
23 遠賀川水源地ポンプ室
Ongagawa River Water Source Pump Room
福岡県中間市
Nakama City, Fukuoka Prefecture
蒸気機関
Steam engine
明治43年
1910
 
     参   考      Reference
横須賀製鉄所(造船所)
Yokosuka Ironworks (Shipyard)
横須賀市
Yokosuka City, Kanagawa Prefecture
蒸気機関 1865慶応元年着工~慶応年間に順次蒸気機関で稼働~1869明治2年~ほぼフル稼働
Steam Engine
The construction started in 1865. The operation started sequentially during the Keio period (1865-1868). By 1869, it was almost in full operation.
横須賀造船所の妹
富岡製糸場
(世界遺産)
Tomioka Silk Mill (World Heritage Site)
群馬県富岡市
Tomioka City, Gunma Prefecture
蒸気機関  1872明治5年
Steam engine
It became in operation in 1872