横須賀造船所  ●   ほんとうの「幕末明治日本の産業革命」の地・横須賀造船所 建設 

ほんとうの「幕末明治日本の産業革命の地」
横須賀造船所建設


横須賀基地の空中写真(東善寺・小栗上野介)
現在の横須賀造船所(造船はしていない。すべて米軍横須賀基地として、米軍と海上自衛隊艦船の修理部門が機能している。)

従来、日本の工業の原動力は人力・牛馬・水車までだった。横須賀製鉄所ははじめから蒸気機関を原動力としていたから「蒸気機関を原動力とする日本最初の総合工場」といえる。まさに日本の産業革命の地である。司馬遼太郎が「日本の近代工学のいっさいの源泉」(「三浦半島記」)と書いたのは、このことを指す。


横須賀に決定
  勘定奉行となった上野介は栗本鋤雲(じょうん)に相談し、フランスの技術援助を得て日本に近代的な造船所を建設することを幕府に提案。賛否両論、非難の声を押しきって諒解を取りつけ調査測量の結果、湾の形態・深さがフランスのツーロンによく似ている、その三分の二の規模のものが出来るということで横須賀に決まった。
 
造船所から日本の近代化  小栗上野介が作りたかったのは、船だけ造る造船所ではない。ワシントンで見た海軍造船所で、そこでは造船のほかに大砲、ライフル、砲弾、弾丸が次々に作られていた。すべて蒸気機関の力でやすやすと操作される過程を見て、日本の近代化はここから始まるという確信を持って進めた。
 

慶応三年に着工したドック
 
(右から1号・3号・2号ドックの順) 幕末に掘りはじめ、明治に完成したドックは現在も米軍基地の中で使われている。国産のセメントはなかったから床も壁も石積みで、石は真鶴から運ばれた小松石。
  「横須賀明細一覧図」明治16年版より
第1号ドック(東善寺・小栗上野介)
フランス人技師長ヴェルニー(東善寺・小栗上野介) 技師長  ヴェルニー Francois Leons Verny
 日本に来たときは29歳。あまりにも若いので「小栗殿はフランス公使ロッシュにだまされたのでは」とささやかれた。
 卓越した技術と的確な指揮、誠実な運営で造船所建設の大事業を完成させていった。
3トンスチームハンマー
「1865年オランダ・ロッテルダム製」と刻印がある。
*このハンマーは、いまJR横須賀駅前の「ヴェルニー館」に展示しています。
3トンハンマー(東善寺・小栗上野介)
マザーマシン(東善寺・小栗上野介) マザーマシン
まずこのハンマーで、「工具や部品を造るための機械を造った。船はその機械で造った工具や部品で造る」から、大もとになる造船所最大の3トンハンマーは「マザーマシン」と呼ばれた。

「横須賀はかつて日本近代工学のいっさいの源泉だった」(司馬遼太郎)・・・ということは、
言い換えれば
「横須賀はかつては日本のマザーマシンだった」

ということ。司馬遼太郎氏がこのマザーマシンを見ていればそう言ったに違いない。

「19世紀のオランダは海外に数多くの機械を輸出したが、今世界に残っているのはこの2台のハンマー(3トンと0.5トン)及びインドの潜水器具だけだという。」(「JFA」日本鍛造協会/2002.Nov.bQ号)

・横須賀造船所建設は、遣米使節小栗上野介のワシントン海軍造船所見学から発想された。
・横須賀造船所は日本を木の国から鉄の国にするための礎となる総合工場。船だけ造るところではない、「船も」造るところ。
・のちの政治が「軍港」にしただけで、初めは日本の構造改革を進めるための基礎工場だった。
・だから「製鉄所」→「造船所」→「海軍工廠」と名称が変わっている。
このページをご覧になったあなたは
咸臨丸を教科書からはずす会 の会員資格があります。 国定教科書が作った咸臨丸神話

会員の責務:教科書から咸臨丸の絵をはずして、代わりに遣米使節のワシントン海軍造船所見学記念の写真を載せよう!、と主張する。
会員の特典:「勝海舟は遣米使節ではない」「「勝海舟はサンフランシスコから帰った」「遣米使節は咸臨丸には乗らなかった」「小栗上野介のワシントン海軍造船所見学から横須賀造船所建設が発想された」・・・などの知識をひけらかすことができます。
会費:無料
      関連ページ
横須賀造船所の借款説:約定書の読み違いで濡れ衣
小栗の濡れ衣・四国・蝦夷を担保にした:幕末世情混乱の中の根無し草
「土蔵つき売家」の横須賀造船所のページ
レンガのページ:やっと入手できた、横須賀で作られたレンガ
森林保護育成の提唱:造船には多量の木材が必要だから・・・
技師長フランソワ・レオンス・ヴェルニー:横須賀市のページ(リンク)
横須賀明細一覧図を読む:近代工業の先端設備をそろえ、多くの見物客でにぎわった
勝海舟の「海軍500年説」は:「海舟日記」の信憑性ゆらぐ
東郷元帥の謝辞:日本海海戦の勝利は小栗さんのおかげ・・・
幕末の構造改革:ネジをお土産にした小栗上野介
小栗上野介胸像物語…倉渕町に朝倉文夫作品が二つ

富岡製糸場は横須賀造船所の「妹」

「横須賀製鉄所物語」(リンク)
◇ オランダ製スチームハンマー(リンク)
最新空母と幕末のドック:旧横須賀造船所見学ツアー
いまの横須賀造船所「日米親善ベース歴史ツアー」(リンク)
富岡製糸工場:技術のわくわく探検記(リンク)
富岡製糸を世界遺産へ:世界遺産暫定リストに登録され、あと一歩。(リンク)


国定教科書が作った咸臨丸神話

小栗上野介の言葉「幕府の運命、日本の運命」