ホームページ「東善寺」  最新情報・新着情報        2022令和4年


新着・最新情報・自前もの、到来物を含めてご紹介
NEWS2022今年の行事寺や小栗上野介のあれこれ。行なったことと、これからの1年 

ライブカメラ
倉渕地区のライブカメラ
東善寺…寺務室の窓から見た庭。時々参拝者とサルが映ります。
失礼、サルも参拝者でした。 
○道路の状態を見るには
sign104…東善寺の対岸から、榛名山を見る
牧野酒造…寺から約1.5キロ西。店の前の国道406が映る。
権田自動車…寺の東約500m 店の前が国道406号

○烏川の様子を見るには
満寿池…寺の下流1キロの様子

○キャンプ場、温泉など
わらび平…標高1100m。榛名山を遠望する画面
はまゆう山荘…浅間隠山が見えます
相間川温泉…榛名山を遠望する画面

  
群馬県内のライブカメラ
ライブカメラ群馬

ライブカメラ

◯新聞『ファスニングジャーナル』に「わが国産業革命のはじまり」で小栗上野介を連載中 毎月27日号に掲載・住職村上泰賢 *ネジの業界新聞です
小栗上野介関係・東善寺・仏教・自然・山・趣味など
過去の 新着情報
2021令和3年2020令和2年2019平成31・令和元年2018平成30年/2017平成29年2016年平成28年
2015年平成27年/2014年平成26年/2013年平成25年2012年平成24年2011年平成23年 /
2010年平成22年 /2009年平成21年
 
 今年の新着情報 
   
   
   
 10月3日(火) 講談「小栗上野介」がPCで聴けます
女流講談師神田蘭「5分で恋する日本史列伝」で小栗上野介の講談前編が流れています。

*クリック→神田蘭さんの画像の下の「再生」ボタン→押す すぐ始まります。
・聴きやすい語り口で5分で小栗上野介を語ります。後編は来週アップされます。
・高座用にはもっと内容を濃くして完成させる予定・・・とか。
9月26日(月) HP「3度目に登れた鳥海山」(山形秋田の県境の名山) … この夏の老々介護のデイサービス登山 でした。 ブロッケン現象による「影鳥海」は珍しい。
9月17日(土) 小栗上野介顕彰会 機関誌
『たつなみ』47号 発刊 

主な内容
・小栗まつり講演要旨
開成をつくった男佐野鼎かなえ』の取材から見えてきた小栗忠順との接点   柳原 三佳
・リエージュ製エンフィールド銃  峯田元治
・「小栗忠高の命日のズレ」は相続手続き期間
ほか
◆東善寺「たつなみ会」会員には発送します。
9月3日(土) オススメのページ         マジメでやや孤独な大学生が狙われています。
旧統一教会を名指しで非難した大学
8月20日(土) オススメのユーチューブ  (リンク)
統一教会の内情】 統一教会教会 教会長の娘として生まれ、不登校で宗教活動→韓国の宗教施設軟禁で統合失調症となり、親と絶縁した女性(小川さゆりさん)
 対談:聞き手はトマホーク氏と大川宏洋(幸福の科学大川隆法の長男)
8月18日(木) 11月18日(金)18:00~   新潟県三条市で講演します 
       聴講希望の方は 上▲ をクリックして11月のNEWSを参照してください。

戦前に中島飛行機が三条市のいくつかの工場に部品製作を移転委託した縁があります。
8月13日(土) 再放映 8月13日(土)23:30~0:59  NHK BSプレミアム  
フランスで新発見! 幕末ニッポンの秘宝「将軍からの贈り物」 
8月6日(土) NHK BS 夜9:00~ 司馬遼太郎『街道をゆく』 『三浦半島記』横須賀造船所・小栗上野介 放映
8月5日 ・横須賀・ 
ティボディエ邸は横須賀観光の起点
(リンク)・・・ヴェルニー公園内に昨年オープンしたティボディエ邸は、横須賀の歴史探訪を通して様々な角度から横須賀の街めぐりを楽しめる観光拠点となっている
歴史が深い浦賀の魅力を山本詔一氏が語る(リンク)・・・鎌倉時代から軍港として使われ、歴史にたびたび登場する浦賀の港
7月30日(土) 親子座禅会 主催:群馬県曹洞宗青年会  会費:一人1000円
会場:寶珠寺(伊勢崎市)  
詳しくは:永隣寺090-7426-8455 へ 受付終了  ネット:群馬県曹洞宗青年会
御朱印について  最近始まった「御城印」は観光スタンプと同じです。当寺では御城印と一緒の御朱印は受け付けません。
 7月25日(月) フランシスコ・ローマ教皇はカナダ先住民への聖職者による虐待の過去を謝罪…「先住民を抑圧する列強の植民地化の考えを教会が支持した」と認めて許しを請うた
   
7月2日(土) 小栗上野介顕彰会 史跡の草刈り作業  酷暑の中、ボランティアが集まって、観音山邸址を中心に刈払
6月23日(木) 東京で講演  15:00~ 「幕府の運命、日本の運命ー小栗上野介の日本近代化―」
主催:日本の伝統を守る会   会員のみ
6月13日(月)  おススメの動画 you tube「新シドニー学院」『幕末のタブー 偉人 小栗上野介』
派手ではありませんがよくできています。
 同じく 『お伊勢参り 江戸時代の旅行ブーム』も面白い。併せて下記のオススメの本『鎖国の正体』を読むとさらに理解できます。
6月11日(土) 横浜で講演します  午後2時30分~ 横浜市立大学・八景キャンパス本館で公開講演(一般参加受付)
主催:横浜市大探査会・探検部OB会  詳しくはこちら6月へ
村上泰賢「幕府の運命、日本の運命-小栗上野介の日本改造ー」 
6月8日(火」 オススメの新刊 鈴木荘一『鎖国の正体ー秀吉・家康・家光の正しい選択ー』…日本が植民地にならなかった原因は「鎖国」にあり、その背景に宗教があった  
 くわしくはHP東善寺>NEWS2022 6月
5月22日(日) 小栗まつり 再開  
 
◇コロナ禍で2年休止し、「墓前祭のみ」だった小栗まつりを再開します。(直前に中止、もあります)*18日の小栗上野介顕彰会役員会で最終的に実施と決定しました。
お弁当を持参して下さい。昼市での軽食販売はありません。

式典・講演 10:00~ 会場:倉渕小校学校(東善寺から300m)で
・挨拶・祝辞
・講演 
 作家 柳原 三佳 『開成をつくった男・佐野 鼎かなえ』の取材から見えてきた小栗忠順との接点

j上記講師のJBpress 東郷平八郎が「日露戦争の勝利は幕臣・小栗上野介のお陰」と感謝した理由 に 東郷平八郎・小栗上野介・横須賀製鉄所・『小栗さま』・小栗まつりが紹介されています。

墓前祭 13:30~  東善寺境内
 挨拶・読経・献香    を実施
記念演奏  群馬マンドリン楽団 「トミーポルカ」「維新無情」「小栗のまなざし」などたくさん
昼市 *弁当を持参して下さい。軽食販売はあリません。

当日、高崎→室田付近で一部に交通止区間があります。詳しくはHP東善寺>「NEWS2022 5月」
小栗まつり 乗合ジャンボタクシ- 高崎~権田 特別運行

往復1便だけ当日限定運行/先着9人まで・予約制・片道2000円

 ※予約受付:榛名観光タクシー027-343-0020(担当・久保田)

*乗車場所、時間など詳しくはHP東善寺>「NEWS2022 5月」
 5月21日(土)  午後から 小栗まつりセッティング 小栗上野介顕彰会・東善寺
 5月20日(金)  JBpress 日本人より中国人が評価:日本近代化の父小栗上野介ー横須賀造船所をつくった男の生き様とその最後ー山崎養世(リンク)
 5月18日(水)  小栗まつり講演の講師柳原三佳氏が下記のような情報を発信しています。
小栗まつり講演会講師柳原三佳氏のJBpress 東郷平八郎が「日露戦争の勝利は幕臣・小栗上野介のお陰」と感謝した理由 に 東郷平八郎・小栗上野介・横須賀製鉄所・『小栗さま』・小栗まつりが紹介されています。
 5月10日(火」 かつて月刊誌『致知』に掲載の「一言で国を滅ぼす言葉」がある。悲劇の幕臣・小栗上野介に見る、類まれな先見性」村上泰賢  がネットで読めます。
 5月7日(土)  小栗さくら著『余烈』講談社・1700円+税 
歴史タレント小栗さくらさんが昨年の「小説現代」11月号に掲載した小栗又一から見た養父忠順の姿、ほかの短編をまとめて刊行。構成力にすぐれ、無理のない語り口でストーリーが展開 
くわしくはHP東善寺>NEWS2022 5月へ 
 4月27日(水) ◆マイケルワート著『明治維新の敗者たち』に 
カナダ・ブリティシュコロンビア大学(ヴァンクーバー)の書評(英語・engilish)
4月 いま倉渕一帯、どこでもお花見場所 車を走らせるとたくさんの桜、ハナモモ、ミツバツツジ、スイセン、チューリップ…が見られます。村中がお花畑のよう
 中国でいう「桃源郷」はトンネルを抜けた先にあります。まさに倉渕地域一帯のこと…。
4月12日(火) 風刺画「口をふさがれた小栗上野介の姿では」 →上毛新聞記事からhttps://www.jomo-news.co.jp/articles/-/100616
 
風刺画研究家の大津市・若林稔さんは、浮世絵師河鍋暁斎が明治維新後に描いた「大津の連中睡眠の図」に登場する人物の一人は、小栗上野介の姿ではないか、との解釈を発表した。
確かに口に錠をかけられ、担いでいる槍の先は飾り房のような人物の顔になっていて、その上の本来なら槍の穂先になるところがどう見ても「イガ栗と栗の葉」に見える。
3月29日(火) 13:30~講話  住職村上泰賢 講話 「幕府の運命・日本の運命ー小栗上野介の日本改造ー」    館林市・須永様ほか  傍聴自由
3月28日(月) 22:00~ BS-TBS  「にっぽん!歴史鑑定「サムライ、アメリカへ行く!万延元年遣米使節」 ドキュメンタリー 万延元年遣米使節を特集する。
・開国後初めての公式使節となった彼らは、約10カ月の間にアメリカのみならず、アフリカ、インドネシアなどを巡った。鎖国していた日本にいては決して体験できない文明と出合った“サムライ使節団”の旅を、彼らの日記とともに見ていく。
https://bs.tbs.co.jp/culture/kantei/
3月20日(日) 午後1時~  住職村上泰賢 講話 「幕府の運命・日本の運命ー小栗上野介の日本改造ー」    姫路市・神先様  傍聴自由
3月19日(土) 最近、「遣米使節副使は咸臨丸で渡米したのでは?」という問い合わせがありました。
誤りです。次のページをご覧下さい。
HP東善寺>咸臨丸病の日本人・事例集
 
3月3日(木)  2月24日からロシアは隣国ウクライナへ武力攻撃で侵攻   侵略反対!
 ・「幕末、造船所建設の技術指導をどの国に依頼するか。小栗上野介が造船所を見てきたアメリカは南北戦争で国内を二分して戦っていて余力がない。イギリスはインドや中国で手を汚しているし、商人のやり口が汚い。オランダは国力が落ちて「船は造ってあげますよ」くらいのことしか言わない。古くから日本に接近を図っているロシアは個人的な人柄はいいが、国としては欲しい物があると熊さんのようにいきなり爪を出してくるところが信用できないと敬遠された。それらの国に比べてフランスはまだマシだ、と消去法でフランスが選ばれた。」
…とかつて書いたことがある。
 そのロシアの事例が対馬事件・アフガニスタン侵攻の次にまた一つ増えた。帝政ロシアから共産主義ロシアに変わっても南に手を広げたい本質は変わらない。プーチンだけの個性ではない。
3月1日(火) 毎日新聞 群馬版記事「ひと in ぐんま」で小栗上野介・住職が紹介されました  
3月1日(火) 新ページ 越屋根風景は横須賀造船所にも・・・かつて養蚕農家の屋根に見られた「こしやね」風景。横須賀造船所~富岡製糸場にも見られる。日仏同時に発生したか、日本の養蚕農家の屋根を参考にしたか
2月26日(土) NHKBSプレミアム③  15:00~16:45 *好評につき再放送
 「フランスで新発見!幕末ニッポンの秘宝 将軍からの贈り物」幕末使節団と美術品

万延元年遣米使節団
、文久遣欧使節団、文久遣仏使節団、慶応三年パリ万博使節団に注目。
 近年進められている海外に散らばった「贈り物」の発見・研究から幕末使節 団の秘話を紹介。美の交流に秘められたメッセージを読み解き“贈り物”を通して未曾有の時代に向き合った日本の知られざる足跡をたどります。
小栗上野介のネジも(住職も)登場します・・・贈答品ではないけれどー
 2月24日(木) 今朝の外気温 6:30にマイナス10℃ でした。毎朝雑巾がけしている本堂浜縁の板が冷え切っているせいか、 雑巾の板に触れた部分が瞬間的に凍るらしく、スルスルと滑りが良かった。
2月23日(水) youtube 虎ノ門ニュース「毅然と生きた日本人!」で 『堀口九萬一/小栗忠順/柴五郎/高橋是清/根本博/明治天皇』を取り上げて解説
・百田尚樹氏の解説の中で「対馬事件でイギリスに・・・」は誤解しているようです。
参照 小栗上野介はイギリスに頼むやり方は「前門の虎を追って、後門に狼を招くようなやり方」と批判しています。雑誌「会津人群像」36号を参照して下さい。
 2月22日(火) 読売新聞記事 本『小栗さま発刊』  幕末に近代化を推進 というタイトルで『小栗さま』を大きく取り上げて紹介。 
2月17日(木) 上毛新聞記事 本『小栗さま』発刊
https://www.jomo-news.co.jp/articles/-/73612 で紹介されました。反響がすごくて、「ほしい」「送って」との注文がたくさん寄せられています。
2月13日(日)  新刊   おススメの本
『「築地ホテル館」物語』 
永宮 和著・原書房・2,000円

・幕末に株式会社の手法で築地ホテルの建設を提案示唆した小栗忠順・工事を行なった清水喜助・元小栗家中間の縁で喜助と関わってゆく三井の大番頭三野村利左衛門。三人の男が幕末の世情を背景に生き生きと動く様子が描かれている。

・文中ワシントンで小栗上野介が造船所建設を決意した理由を
「造船所建設で海軍力を増強し、反幕府勢力を駆逐する・・・」
としているのは残念な理由付け。
・造船所建設に「出来上がる頃には幕府の運命はどうなっているかわからない」との反対論に、小栗は「出来上がればいずれ土蔵付き売据えの栄誉が残せる」と江戸っ子の洒落で笑って答えています。
将来の日本のために造っておく、ということです。
・当時の造船所は軍艦だけの製造所ではなく「何でも作って船も造る」総合工場でした。
 
2月某日 新刊『小栗さま』の感想 
        たくさん頂いたうちの一部です。手紙の前文後文は省略しています。

**********太田市立木崎中学校2年生感想文 より**********
◆小栗忠順さんのように今のことだけでなくその後のことも考えられる人になりたい。何の為に今やっているのかを考えて自分の意志を強く持つことが大事だと思った。
◆小栗忠順さんのように誰かのために何かをすることや希望だけではなく、それを実行していくことが大切だと思った。自分も意思をしっかり持ってそれを行動に移していきたい。やらない後悔よりやって後悔する人でありたいと思った。
◆この人のおかげで現在の日本があるとも言えるのに歴史上の人物としてあまり知られていないのは悲しいと思った。そして最後まで家族のことを大切にしている小栗さんは素晴らしい人だと思った。
◆自分がいかなることになろうとも覚悟ができるのはすごい。
◆希望を持つことも大切だけど、勇気を出し実行することが大切なことだと感じた。希望を捨てず困難と向き合う、できなくてもいい、それまでの実力を発揮する自分でありたい。
◆この話を聞いて日本の近代化は小栗さんにより基礎が築かれたのだと初めて知った。
***************ほかにもたくさんいただきました**********

世紀の好著「小栗さま」読めば読むほど、歴史を再認識させられます。 この好著は、広く日本国民に啓蒙させるべきです。  そこで、微力ながら、在庫がありましたら、20部ほど(希望ですので、在庫状況で可能でしたら)分けていただけませんでしょうか。 地元小学校などに、贈呈したいと思います・・・(K.A様より)
 ・住職:ありがたい話で、小栗さまが喜ぶことでしょう。寄贈の場合、政治がらみ宗教がらみのものでは…とはじめ警戒されますから、誤解されないように、根回しをしっかりして受け取ってもらえる手立てを尽くして下さい。
◆手に取って見て、本の体裁、構成の見事さに一驚、通読してみて図絵・写真・資料の豊富さに二驚、再読してみて簡明的確な表現、記述に三驚、子どもたちにとっても小栗さまの生き様・業績が大変に解り易く出来ており、感銘を深くしました。小中学校において社会・歴史等の副読本・教材として活用できる好著かと存じます・・・(T・K様より)
子ども達にとって親しみ易く、内容も大変ためになる冊子だと思います。 大人が読んでも納得し感動しますし史料的価値の高い図や写真も豊富で、また要所要所でQRコードがあり、HPにすぐ入れる点も現代感覚にマッチしていて感心しております。(K.O様より)
子どもたちへ正しくてしかも価値ある歴史を伝えていくため、貴重な書籍だと思いました。表紙の絵もいいですね。しっかりネジ釘を持っている姿もいいし、外輪船のマストの上の日米の国旗がしっかり風下へ向かってなびいているのも好感が持てました内容についても、現代に生きている小栗上野介の功績まで語っている点がすばらしいです。 (H.N様より)
目配りの利いたか得がたい本に仕上っています。小栗公も泉下でさぞ喜んでいるかと思います。(A.K様より)
歪曲された歴史を伝える教科書に対して真実を伝えるこの様な副読本となりうる書を出版された事はとても大事な事と思います。何とかこれを広めたいものです。
(A.Y様より)
とても優しく丁寧な語り口に、ついつい一気に読み通してしまいました。そして、的確なる時系列に整理なされていて、スムーズに読み進めていけて、かつ近代国家への構築の一つひとつが、とても具体的に解説なされていて、改めて大人が読んでも、大変良い勉強をさせていただけるものと感心しきりです。(M.Y様より)
下記の番組 再放送 2月26日(土)NHKBS③  15:00~16:45  です
2月4日(金) 日本時間 21:15~ NHKワールドプレミアム(在外邦人向け・日本語チャンネル)
   
「「フランスで新発見!幕末ニッポンの秘宝 将軍からの贈り物」幕末使節団と美術品

万延元年遣米使節団
、文久遣欧使節団、文久遣仏使節団、慶応三年パリ万博使節団に注目。
 近年進められている海外に散らばった「贈り物」の発見・研究から幕末使節 団の秘話を紹介。美の交流に秘められたメッセージを読み解き“贈り物”を通して未曾有の時代に向き合った日本の知られざる足跡をたどります。
小栗上野介のネジも登場します・・・贈答品ではないけれどー

2月1日(火) 東善寺の新刊 村上泰賢著
  小栗さま
 発行しました  A5版65ページ

・子供の頃学校で「日本の近代化は明治以後」と教わった話と、幕末小栗上野介の業績の横須賀造船所建設の話がズレていて、おかしいと思っていました。60年かかってようやくそのことを糺せるようになり、子供向けの本にまとめました。
・教科書に載らない小栗上野介の人物業績を子どもたちに伝える
・日本の産業革命は横須賀造船所から始まっている
  ことを基調としています。
【くわしい話】を参照して大人から助言・解説をしていただける構成
 貴重な画像資料もたくさん掲載
・本は一冊 実費550円+送料  で東善寺で販売します 一般書店にはあリません
 
1月17日(月) 21:00~22:30 再放送 NHKBSプレミアム 
ドラマまたも辞めたか 亭主殿ー幕末の名奉行・小栗上野介-

 「日本の近代化は明治以後」と教えられてきたことへの疑問から、最近小栗上野介の業績や人生に関心を持つ方々が増えています。
・明治以来の歴史教育は薩長政府に都合のよい「勝者の歴史観」で教えられてきたこと。その歴史観の根底は「官軍」がしたことは何でも正しいとする「官軍主義」あるいは「官主主義」ともいえる考え方で、自分たちの政府の意向に沿わない考え方は悪い思想と決めつけて、認めない、あるいは弾圧排除してきた。
・いま世界を見渡すと、同じような歴史をたどっている国がいくつも見られることが、余計に幕末維新の歴史見直しを後押ししているように思えます。

2003年1月3日の正月時代劇(初放映)でしたから、ちょっと軽いタッチも入れてお正月疲れの視聴者を飽きさせない構成でした。ときどき再放映されています。ちなみに、タイトルは不肖住職がやはり軽いタッチを交えて書きました。

参考:主役の岸谷五朗と稲森いづみが東善寺へ墓参 平成14年9月
小栗上野介の名を知らずに見た人の感想
1月15日 19:30~20:50 
NHKBS で「幕末使節団と美術品」

万延元年遣米使節団、文久遣欧使節団、文久遣仏使節団、慶応三年パリ万博使節団に注目。
近年進められている海外に散らばった「贈り物」の発見・研究から幕末使節 団の秘話を紹介。美の交流に秘められたメッセージを読み解き“贈り物”を通して未曾有の時 代に向き合った日本の知られざる足跡をたどります。
小栗上野介のネジも登場します・・・贈答品ではないけれどー

NHK BS
プレミアムとNHK BS4K(再放送予定あり、日時未定)
NHKオンデマンド(放送後2年間配信希望)、
NHK国際放送(放送日未定 3月末までに配信予定) 
 1月8日(土) おススメの本 復刊に近い編刻:昭和22年からの著者の発表論文を集め新たに編集したもの。
津田左右吉著『明治維新の研究』
 毎日ワンズ 1400円

たとえば
「・・・おのれらの党派に属せずして意見や行動を異にするものを奸物と称してそれを排撃することはシナの知識人官僚などの党争において、往々見るところであり、我が邦でも学問が盛んであるといわれていたミト(水戸)にその著しい例があるが、この頃の志士浪人輩にもまたそれがあるのみならず、いわゆる奸物をほしいままに殺戮してそれを誇るのが彼らの常習であって、有名無名の士人でその(わざわい)(かか)ったものは甚だ多い。」
たとえば
「さてカツ(勝海舟)はその日記において幕府の当局者を断えず罵倒しているが、それにどれだけの確実な根拠があったのか。当時の勘定奉行オグリ(小栗上野介)を”大邪”といっているのはフランスから金を借りようとしたためのようであるが、起債を外国においてするのはヨーロッパの一般の例であるから、カツがその方策に賛成しないならばそれは意見の違いであって、オグリの人物を邪とする理由にはならぬ。”その見るところが狭小で天下の大勢に通じない”ともいっているが、これもまた同様であって、人によっては、オグリの遠大の識見と有為の気象とトクガワ氏に対して抱いていた熱情とを賛美している。この方が彼の経歴と功績から見て当たっているようである。・・・」 (” ”は村上泰賢がつけた勝の言葉の記号)
1月1日(土) 今年は 戦前・戦後が同数の年になりました。
   2022令和4年はここから上
▼以下は2021令和3年11月・12月です
 11月30日(火) 高崎市制作の動画 「郷土の偉人「小栗上野介」PR動画の公開について
以下の3つの動画を制作し、公開しました。クリックすればすぐ見られます。史蹟ガイド役は歴史タレントの小栗さくらさん。
◆「小栗上野介の里」
◆「小栗上野介忠順の墓」編
◆「小栗上野介忠順終焉の地」編
◆「観音山小栗邸跡」編
 
 11月20日(土) Amazonオンデマンドペーパーバックス 平凡社新書『小栗上野介』は海賊版ではないのか?
 平凡社新書の小著がこの形式で著者の私(住職)に無断で印刷し売られていて、参拝にきた人が持参し
[えっ!(著者が)生きているのですか!それならサインを…」
と求められましたが、
「サインするとこの本を認めたことになりそうだから」
とお断りしました。
【特徴】
・厚さが倍近い=紙質が下がる/表紙の青色が薄い/帯がない/原本を丸ごと写真で撮り、印刷している=活字のキレが悪い。等々

 当寺で買えば850円を、なんと2,500円くらい?で買ったとのこと。こういう形式の本の著者はすべて故人になっている=版権が切れている、と誤解していたようです。(教科書に載っている人は全て死んでいる人、と全国民が誤解しているように…)

◆平凡社に問合せ。  その結果 →
◆…結果:「海賊版ではない。電子書籍の印刷版」とのことです。「オンデマンド」とは読者の希望に応えたサービスとか。たしかに電子書籍化は了解していますが印刷までは聞いていない。しかも印刷したら3倍近い値段では読者に申し訳なくて、何か納得がゆかない話です…。
 11月13日(土) 日米修好通商条約は不平等ではなかった(動画)
日米修好通商条約は不平等ではなかった上田藩主松平忠固史
日米修好通商条約は不平等に非ず=明治政府の歴史捏造