ホームページ「東善寺」  最新情報・新着情報  2018平成30年


新着・最新情報・自前もの、到来物を含めてご紹介
NEWS2018 今年の行事寺や小栗上野介のあれこれ。行なったことと、これからの1年 

ライブカメラ
倉渕地区のライブカメラ
東善寺…寺務室の窓から見た庭。時々参拝者が映ります。
 
○道路の状態を見るには
sign104…東善寺の対岸から、榛名山を見る
牧野酒造…寺から約1.5キロ西。店の前の国道406が映る。
権田自動車…寺の東約500m 店の前が国道406号

○烏川の様子を見るには
満寿池…寺の下流1キロの様子

○キャンプ場、温泉など
わらび平…標高1100m。榛名山を遠望する画面
はまゆう山荘…浅間隠山が見えます
相間川温泉…榛名山を遠望する画面

  
群馬県内のライブカメラ
ライブカメラ群馬

ライブカメラ

◯新聞『ファスニングジャーナル』に「わが国産業革命のはじまり」で小栗上野介を連載中 毎月27日号に掲載・住職村上泰賢 *ネジの業界新聞です
小栗上野介関係・東善寺・仏教・自然・山・趣味など
過去の 新着情報
2017平成29年2016年平成28年2015年平成27年/2014年平成26年/2013年平成25年
2012年平成24年2011年平成23年 /2010年平成22年 /2009年平成21年

 今年の新着情報 
   
   
   
   
8月2日 本:渡辺寛著『小栗忠順研究』限定数再入荷しました。 
8月2日 8月11日「山の日」ぐんま県境稜線トレイル発表 …谷川岳から野反湖までつなげる予定・特に難所が稲包山~白砂山間のヤブコギ。身の丈を越すササヤブを一日中かきわける踏み跡もないコースだった
 7月29日  再放映 NHK「知恵泉 明治維新の不都合な真実ー小栗上野介」…8月12日
7月27日 新ページ 第40回「子ども寺子屋」 …坐禅をし、お経を読んで一泊坐禅会
7月25日 PDF版「小栗上野介情報」プリント71号 …特集「観音山用水と小高用水」/土着帰農で養蚕とお茶栽培を考えていた
7月23日(日)  PDF版『会津人群像』36号「歴史を誤らせる勝海舟神話、咸臨丸神話」村上泰賢 …をPDFで読めるようになりました。一般市販はほとんど売り切れ、寺には在庫が限定数あります。
7月21日  幕末、日本外交は弱腰にあらず(リンク)…日米修好通商条約を「不平等条約」と名付けたのは明治政府の国民騙し ペリーに堂々と渡り合った幕府・林大学頭だいがくのかみの外交
7月14日  新ページ追加 本堂浜縁に屋根継ぎ足し工事…屋根が浅くていつも雨雪に濡れていた浜縁の東端
7月11日 参加者募集/申し込みはこちら→7月24日(火)に高崎経済大学の東善寺・くらぶち英語村ツアー 
7月5日  新ページ「権田村での最後の64日間」 …夢を持って家族ぐるみで移住し、屋敷が建つ寸前に殺害された
7月3日  小栗上野介をめぐる  通説の誤り一覧 ・・・ここにない通説はお知らせください。取り上げて解説します。
7月3日  対馬事件・通説の誤りと小栗への濡れ衣と勝海舟のホラ話…中公新書・上垣外憲一著『勝海舟と幕末外交』は要注意
7月2日  山川出版社「レンズが撮らえた 幕末維新の日本」…「遣米使節団はポウハタン号と咸臨丸で渡米」と誤った説明をしている
7月1日  BS歴史館「幕末 日本外交は弱腰にあらず」(リンク) …弱腰外交というレッテルを貼ったのは明治政府
6月26日  新ページ 利尻岳に登る…44年ぶりの再挑戦ーなんとか登れました。 
 6月25日 「西郷ら奄美流刑の実像」 (日本経済新聞・6月5日)で、西郷らの流刑地奄美諸島は、薩摩藩による島民搾取の「植民地」だった―西郷はそれを肯定した言動で…参考書籍『近世・奄美流人の研究』箕輪優著
 6月17日 ネジの業界新聞「ファスニングジャーナル」に小栗まつり記事が掲載 されました。
 6月15日 HP 浅間隠山の保護…新しい看板「ジグザグ道を登って下さい…」をつけました 
 5月30日 「日本農業新聞」のコラム「四季」に小栗まつり記事が・・・ 
5月30日  上毛新聞コラム「三山春秋」に「27日の小栗まつりで小学生が誇りを持ってスラスラとポウハタン号・小栗上野介を語っていた・・・」という文章で、住職がめざしてきたものを紹介してくれました。それは、誇りを持って郷土を語れる子どもたちを育てること-。小栗まつりの目標の一つでした。うれしい記事です。
5月26日   『三野村利左衛門研究』渡邊寛著  三井が明治以後も残れたのは三野村利左衛門のおかげ、その三野村利左衛門は小栗上野介のおかげで・・・
 自費出版のため市販はナシ。東善寺で預かって限定数を販売します。 オススメの本 
5月26日 『高崎学 Ⅰ』の小栗上野介の説明中「外国からの借金で横須賀製鉄所建設…」という記述は誤り。こちらを参照して下さい。 HP東善寺>小栗上野介>横須賀製鉄所>「横須賀製鉄所の借款説は誤り」
◇5月21日   youtube 動画「明治維新の正体」著者鈴木荘一氏の講演録  
◇5月20日  youtube動画 「ザ・ナンバー2」小栗上野介 以前放映されたものです。
youtube 動画「小栗のまなざし」演奏と小栗の業績画像 演奏:海上自衛隊横須賀音楽隊+倉渕中学校吹奏楽部
◆5月18日 本 『小栗忠順研究』渡辺寛著 従来にない経営学の面から取り上げた研究書 自費出版のため市販はナシ。東善寺で預かって限定数を販売します。 オススメの本 
◆5月16日  『会津人群像』36号 品薄で高騰  東善寺では定価(1800)販売しています。 
住職村上泰賢の「歴史を誤らせる 勝海舟神話・咸臨丸神話」ー隠された遣米使節の業績―を掲載     歴史春秋社(会津若松市)発行
◇5月11日   上毛新聞記事に「ポウハタン フィールド」…新しく19日にオープンする高崎市営倉渕サッカー場を始めとする「水沼公園」一体の施設名がポウハタンフィールドと決まった。この名称を提案応募したのは倉渕小5年の…
◇5月8日   いきなりHP画面に「おめでとうございます!」と出る、「googleメンバーシップ リワード」 というニセの当選サイトにご注意(リンク)…iPhone X などをプレゼントするからとあって、住所・氏名・クレジットカードの番号などを記入する欄に誘導されます。
◇5月5日  法話 5月8日10時~ 館林市仏教積善会主催「花まつり・灌仏会法要」 善長寺様でお話します
◇5月5日   youtube動画 久石譲 in パリ 宮崎駿監督作品演奏会2017(リンク)
◆5月3日  咸臨丸病の日本人国立公文書館でも「遣米使節を乗せて太平洋を往復した咸臨丸」という説明プレートが掲示されていた (5月6日まで展示)
◆5月3日  渋沢栄一が小栗上野介に初見の挨拶をした時のやりとり・「幕府の運命…」補助史料となる会話
◆4月19日 プリント版「小栗上野介情報」No.68,69、と最新の70号 PDFで読めます。  東善寺「たつなみ会」会員には間もなく70号を発送します。
◆4月13日  新ページ 「幕末史 小栗上野介をめぐる通説の誤り 
◆4月11日  新ページ 「観音山の小栗邸址」 …小栗公が屋敷を造りかけた観音山はいま花ざかりです。頂上からの眺望が開けてすばらしい! ところが小栗公が引いた観音山用水を「堀に水を満々とたたえ」と誇大に表現したのは…。また、某歴史家は「地元で語られるように単なる用水工事だったのだろうか…」と思わせぶりを書く。
◇4月10日  吉田松陰は本当に「高潔な教育者」だったのか(リンク)
テロを扇動しアジア侵略まで唱えた激情家
◇4月10日  「西郷どん」は本当に立派な人物だったのか(リンク)
2018NHK大河ドラマ主人公の「がっかりな実像」
 ◇4月10日

半藤一利「明治維新150周年、何がめでたい」(リンク)

「賊軍地域」出身作家半藤一利氏が祝賀ムードにモノ申す

◇4月10日   150年目、「明治維新」が問い直される根本理由 (リンク)
ノンフィクション作家 保坂正康氏が語る「賊軍」側からの見直し(東洋経済)
◇4月11日  14日付、読売新聞九州・山口版に小栗上野介の記事が掲載されます。 
◇4月10日 朝日新聞リレーオピニオン「維新150年」に歴史タレントの「小栗さくら」さんが登場して小栗上野介を語っています。 東善寺を参拝した時の様子はこちら  もう一つ「小栗さくらがゆく! 幕末維新の道」1/2/3
・4月4日の同欄には勝海舟のヤシャゴの女性が登場して『勝の最大の功績は江戸城無血開城…」と語っていました。でも、その同じ新聞の別ページには大きな広告水野靖夫著『勝海舟の罠』があって、「勝海舟の最大のホラ話は江戸城無血開城…」とありました。
 ◆3月30日 名花「小栗椿」が咲きました。 
 ◇3月29日 新刊 水野靖夫著『勝海舟の罠』毎日ワンズ1500円
  「氷川清話」の欺瞞を暴く書 *『会津人群像』36号所載の村上泰賢「歴史を誤らせる 勝海舟神話・咸臨丸神話」と共通の論点で記述されています。一読をおすすめします。
 ◇3月29日  会津で「戊辰150年」 小栗夫人護衛・戦死の「佐藤銀十郎」ほかの「墓前顕彰祭」
9月11日(火) 喜多方市熊倉で熊倉史学会主催で行われます(日程を15日→11日に変更)
◇3月17日 3月31日(土)~5月6日(日)
 国立公文書館 春の特別展  江戸幕府最後の闘い 
◆3月15日(木)  法話 香りのよい花を供える(ヒマラヤの散華)…インドヒマラヤの氷河の上でインド独立記念日を祝って散華された花びらは
◆3月9日(金)   新作童話「ふしぎな手紙」作:佐竹海飛…高岡市の小学6年生が書いた小栗上野介をテーマとした童話です。住職との不思議な縁もあります。
◇3月7日(水)   週刊誌『アエラ』3月12日号で大特集「明治150年と言わないで」…小栗上野介にとっては『罪なくして斬らる 非命150年です。
◇3月5日(月)  遣米使節通訳見習い「トミー」の曲『トミーポルカ』の全歌詞が判明。『日本古書通信』2018平成30年2月号に三好彰氏が寄稿掲載
◆3月5日(月)   法話「立往生の電車で布施を見た女子高校生」…雪の信越線で15時間立ち往生した電車、翌朝ようやく降りてきた女子高校生が語った話は        ・法話全体の目次はコチラ
◇2月11日(日)  新刊『幕末暗殺!』 中央公論新社 1600円 著者は新進の歴史作家たち7人
 ともに長州人の、元テロリスト伊藤博文(のち初代総理大臣)が若いころ山尾庸三(のちに東京大学工学部の前身の工部寮創立者)とともに塙保己一の二男塙次郎を暗殺した話も掲載。
◇2月10日(土)  イザベラ・バードの『日本奥地紀行』 youtube明治初めに江戸~東北を一人で旅した若いイギリス人女性の紀行文には、貧しくも心豊かで誇り高く優しい日本人の姿、が描かれています。紹介者は三谷幸喜 ・語り 松たか子
◇2月3日  youtubeで倉渕町の動画:
 [○○さんの新しい暮らし」…倉渕町に住み込んだ脱サラ家族の暮らしは
「川遊び」…倉渕町の相間側は安心して清流で遊べる
「せせらぎの里」…倉渕の川で今年最後の川遊び
◇2月3.日(土) youtubeユーチューブで小栗上野介関連の動画
「幕末に活躍した 小栗上野介 日本近代化の父」…子供向けのわかりやすいページ。 
小栗上野介公・顕彰慰霊碑」…「小栗上野介 罪なくして此所に斬らる」の顕彰慰霊碑を訪ねる
「東善寺」…小栗上野介の史跡を訪ねて東善寺へ
「東善寺・小栗上野介本墓」…本堂屋根工事中ですから、平成29年秋の画像のようです。
「小栗上野介生誕の地」…神田駿河台
最後の幕臣、小栗上野介は日本近代化の先達」…雑司ヶ谷を歩く シリーズ
◆2月3日(土) 本白根山の爆発と事故…1月23日の爆発事故は驚きました。その数日前に天気が良いからと一人で出かけ何度も滑っていたところです。昭和35年開設のロープウェーの真下が「振り子沢」コースで、一番下の「天狗山ゲレンデ」まで8キロの滑降ができる良いコースでした。さらに上の本白根山「トド松コース」は積雪量が少ないとして閉鎖されていたのが、結果としてよかった。爆発火口の一つがそのコースの終わりあたりにできたのだから、公開されていれば被害者がもっと出ていただろう。このロープウェーは今後の再開は難しい。惜しい!
◇2月2日(金)  小栗上野介の漢学の師安積艮斎(あさかごんさい)の詩文集が現代語訳されました。
『遊豆紀勝・東省続録』
を 現代語訳・安積国造神社の安藤智重宮司
伊豆の山野を跋渉し、温泉を楽しんだ情景が素直に述べられたいい文章や漢詩を、読みやすくしてくれました。      明徳出版社 2500円+税
◇1月29日(月)   マンドリン曲「小栗のまなざし」演奏ユーチューブで流れています。
1月21日にマンドリン楽団 ART TOKYO の群馬公演で演奏したもの。迫力の演奏です。
◇1月30日(火)正午

◇2月4日
(日)14時30分
 再放映 NHK Eテレ 『知恵泉ちえいず  先人たちの底力』―明治維新の不都合な真実―
 明治新政府が行ったとされている改革の多くは、江戸幕府のころから幕府の人たちによって計画されていたことだった、明治以前に日本近代化のスタートは切られていた、として小栗上野介の日本近代化の業績も紹介します。
◇26日 
(金)
 『会津人群像』春36号に 住職村上泰賢の「歴史を誤らせる 勝海舟神話・咸臨丸神話」ー隠された遣米使節の業績―を掲載     歴史春秋社発行
◇1月21日(日)  14:00開演 マンドリン楽団 ART TOKYO が 群馬公演で マンドリン曲「小栗のまなざし」を演奏
マンドリンでこれだけのボリュウムと迫力のある演奏ができるのか!と驚く演奏でした

会場 昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館)
開演 14:00~(開場 13:30~) 
入場料 一般2,000円 全席自由 
 ◇1.16/23(火)  NHK  Eテレ 『知恵泉ちえいず  先人たちの底力』―明治維新の不都合な真実―
 明治新政府が行ったとされている改革の多くは、江戸幕府のころから幕府の人たちによって計画されていたことだった、明治以前に日本近代化のスタートは切られていた、として23日(2回め)の放映では小栗上野介の日本近代化の業績も紹介します
◇1月1日 交通新聞社発行・日刊『交通新聞』1月1日号に
日本の夜明けに先駆けた男  ―坂本龍馬と小栗上野介―」裏ページの文化面1ページの全面掲載 
◇1月1日   東郷神社・東郷会機関誌『東郷』1・2月号に「小栗上野介と東郷元帥」掲載
  ▼以下は2017平成29年11月・12月です2018平成30年はここから上
◇12.19 近藤亨氏…ネパール・ムスタン地区の農業指導で偉大な成果を上げ、ネパール人から「神様」と呼ばれた日本人。昨年6月に亡くなられました。 法話「接ぎ木」からお入りください
◇12.11  新刊『東北を置き去りにした明治維新』 文芸社・来年は「明治維新150年」だとして安倍政府は各自治体に税金で明治維新賛美の行事を企画することを働きかけている。しかし東北や幕府側に人々にとっては『戊辰戦争150年』だ…。  本の画像はこちら
◇12.3 3日付の朝日新聞群馬版・北関東(群馬・栃木・茨城)版で「東善寺 幕末の官吏「小栗ワールド」を紹介しています。
◇11.28 築地市場の跡地に築地ホテル復活を提案!  28日付の日経新聞記事―東京都の「築地再開発検討会議」は各委員の提案を検討、築地ホテルの復活も提案に入っていました。小栗上野介の株式会社の一つであり、PFI法案を先取りした株式会社の手法を幕末に取り入れた歴史が表に出る提案です。ぜひ応援し実現させましょう。you tubeでもこちらから
◇11.25 11月24日付信濃毎日新聞に小栗忠順の病気を浅田宗伯が投薬治療で直した記事掲載。こちらから 
◆11.25  公物を滅却したので自刃した武士、川手幸八…喜多方市熊倉宿の代官は熊倉戦争の前に36歳で自刃していた。明治以後は切腹をしなくなった公務員。 「安部昭恵夫人が名誉校長だった森友学園に国有地を格安にして売却した公務員」は川手の爪の垢を煎じて飲むべし。
◆11.15  東京で講演をします。
12月9日(土)「幕府の運命、日本の運命―小栗上野介の日本改造ー」
住職村上泰賢
(日本銃砲史学会主催: 会場・時刻など →こちらへ)  サクラ歓迎! 
 ◇11.15  高所特殊伐採のSign104(リンク)…邪魔な木や枝を伐りたいが/大きすぎて/クレーンが入らない/家が密集している/下に落とせない…など、条件が悪いほどヤル気になる人です  仕事だか、遊びだか・・・
◇11.13 牧野酒造の「馥露酣」・埼玉の酒屋さんが紹介しています …深まる秋、静かに一杯やるにはこういう酒がいい   ラベルは住職の命名・書
 ◇11.6~7  遣米使節子孫の会 下呂市金山町で加藤素毛の研修 11月7~8日 …帰国後渡米~世界一周の旅の体験を面白く語って、「素毛先生」と親しまれた人物で、貴重な資料を残している。
◇11.2  和紙のあかり展 太田市丸山宿の常葉工房にて11月22日~26日  …住職の山仲間のドクター青木氏が手作りした作品の数々 一見の価値あり 販売も  本業の歯医者はいつやるの…