横須賀開港の恩人                ヴェルニー・小栗祭式典2013


ヴェルニー小栗祭 式典


2013平成25年11月16日 横須賀市ベイサイドポケット
  倉渕中学校音楽部が海上自衛隊横須賀音楽隊と共演で

福田洋介作曲「小栗のまなざし」を演奏 

 横須賀開港の恩人としてフランス人技師長フランソワ・レオンス・ヴェルニーと小栗上野介の業績をたたえる記念式典が、
横須賀市主催で毎年開かれている。
 今年は倉渕中学校音楽部が海上自衛隊音楽隊と共演で
福田洋介作曲「小栗のまなざし―小栗上野介公に捧ぐ―」を演奏した。



開式・仏日国歌吹奏・花輪供呈・式辞(横須賀市長)・祝辞(駐日フランス大使・外務大臣代理・ブレスト市副市長)・来賓紹介・演奏「小栗のまなざし」  終わってレセプション
以前はヴェルニー公園にある小栗上野介とヴェルニーの胸像の前で大きなテントを張って式典を行っていたが、近年は経費節減で芸術劇場の小ホールで行うようになった。ブレスト市に贈られたプレート▲の小栗公の原画は前住職村上照賢が描いた肖像画。
作曲した福田洋介氏も参列。その右は高橋修富岡市まちづくり部長・岡野光利富岡市長。 こうした本格的な演奏でこの曲を聴くのは福田氏もはじめて。5月初めに比べ生徒の技量が上がったとのこと。
10月末に音楽隊2名と市職員が中学校で準備と打ち合わせを行なった。「はじめ楽譜が届いた時、作曲福田洋介とあったのであの福田さん?!と驚きました」とコンサートマスターの鈴木隊員は語る。共演を快く受け入れてくださった音楽隊の皆さんに感謝。
中学校の楽器は、倉渕出身で東京でスーパー「オオゼキ」を30数店舗展開している佐藤達雄氏が寄付した基金で購入したもの。少子化の進む中で「一人一楽器」をテーマに、全校生徒が吹奏楽に取り組んでいる。今年は達雄氏の7回忌に当たるから、この演奏はいい供養になったと思う。
マセ・フランス大使も「とてもすばらしかった!」と声をかけてくれて記念撮影。緊張がほぐれて生徒はホッとした表情だった。
  楽譜の扱い 「小栗のまなざし」の楽譜をお求めの方は、直接東善寺へお申込み下さい。詳しくはこちらをクリック
関連ページ
小栗のまなざし小栗まつり2013で初演かながわ日仏協会パンフレット「小栗のまなざし」(PDF) /かなロコ 上毛新聞コラム
 
ヴェルニー小栗祭2004

横須賀造船所の借款説:約定書の読み違いで濡れ衣
「土蔵つき売家」の横須賀造船所のページ
「土蔵付売り据え」横須賀造船所は売家につける土蔵…小栗上野介の言葉
レンガのページ:やっと入手できた、横須賀で作られたレンガ
森林保護育成の提唱:造船には多量の木材が必要だから・・・

技師長フランソワ・レオンス・ヴェルニー:横須賀市のページ(リンク)
横須賀明細一覧図を読む:近代工業の先端設備をそろえ、多くの見物客でにぎわった
いまの横須賀造船所「日米親善ベース歴史ツアー」(リンク)
勝海舟の「海軍500年説」は:「海舟日記」の信憑性ゆらぐ
東郷元帥の謝辞:日本海海戦の勝利は小栗さんのおかげ・・・

◇ オランダ製スチームハンマー(リンク)
最新空母と幕末のドック:旧横須賀造船所見学ツアー
富岡製糸工場:技術のわくわく探検記(リンク)
富岡製糸を世界遺産へ:世界遺産暫定リストに登録され、あと一歩。(リンク)

小栗上野介の言葉「幕府の運命、日本の運命」