住職のコラム(東善寺)     会津脱出行護衛が小栗上野介顕彰のはじまり

会津脱出の護衛が
小栗顕彰のはじまり
 昨年五月、小栗上野介没後一三〇周年式典が行われ小寺知事は、 かつてワシントンのウィラードホテルに泊ったとき、一三八年 前に上野介ら遣米使節一行が滞在した絵が掲示されていて感 銘を受けた、と挨拶。
 「きょうご臨席の沢田秀男横須賀市長は 自治省に入ったときの先輩で、その後転任されるのを上野駅へ 見送りに行きずいぶんきれいな奥さんだなあ、と思った」と会場を沸かせ、沢田夫人が恥ずかしそうに下を向く場面となる。
 次に立った沢田市長は「あのころ小寺さんは紅顔の美青年で……」 とお返しがあって、いっそう和やかな式典となった。

 
 1868慶応四年閏四月六日、 上野介は倉渕村で殺される。その三日前に上野介は状況の不穏を感じて、 村役人中島三左衛門らに身重の道子夫人や母堂それに養子又一のいいなづけら 女性三人の脱出と保護を依頼する。三左衛門ら村人は約三十名の護衛隊を作ると、 人目を避けて急ぐ会津への旅がはじまった。
 坂上村(吾妻町)から長野原、六合村へ至り旅支度をさらに整えて、 野反池から今でも車が通らない佐武流山の中腹を巻くけわしい山道に分け入り、 苦心の末秋山郷から十日町、新潟へと至る。旅費が不足しては、 と十日町から工面のために村へ戻った二人の村人は金が思うように集まらず、 わずかな金を持って再び後を追い、沼田、尾瀬経由で会津へ向かい合流する。
 護衛隊は新潟からさらに山河を越えて千辛万苦の末会津にいたると、 家老横山主税の屋敷に迎えられる。まもなく始まった 会津戊辰戦争で村人は 何人も会津軍に加わって戦い、二人の若者が戦死する。

大隈重信(東善寺・小栗上野介)
小栗忠高の墓
   (新潟市西堀通り・法音寺)
道子夫人一行はこの墓にお参りした後、追われるように会津へ向かった。

写真は大正2年9月14日に参詣した大隈重信夫妻。わきの綾子夫人は上野介の従兄妹で、幼少時に兄三枝守富とともに小栗家で育てられた恩があった。
 
 会津戦争さ中に避難先で生まれた唯一の遺児国子と夫人らを守って年を越し、 明治二年春に東京から静岡まで送り届けて、中島らは村へもどった。乞食同然 の姿であったという。さらに中島らは館林へ出向いて、東山道総督による首実検 のあと埋められていた上野介の首を法輪寺からひそかに盗み出し、東善寺裏山の 胴体と一所にした。
 「小栗上野介はどういう人柄か」という質問をよく受ける。それを憶測で語る より、夫人らを守って会津へ行き、その任を全うした村人の行いを知っていただ くことが、上野介の人柄を理解していただくことにつながると考えている。

 一三〇周年式典は倉渕村小栗上野介顕彰会が主催して行われたが、村における 顕彰の始まりは、たまたま小栗家の領地だったという縁で会津への夫人脱出を護衛 した村人の無償の行いからと思う。群馬県民としても誇るべきことといえよう。
 お二人の奇しき縁によって、手を携えて顕彰をすすめることを語り合った市長と 知事は、今年九月下旬、倉渕村長を交えて小栗上野介の大河ドラマ化をNHK会長 に要請してきた。ドラマ化の成否は数年待たねばなるまいが、顕彰活動がここまで 進んだことをなにより喜んでいるのは、見捨ててはおけないという義の心から会津 へ辛苦の旅を続けた村人であろう。

(上毛新聞「オピニオン21」1999年12月28日掲載)

 
関連ページ
小栗上野介の顕彰活動会津脱出から現在までの顕彰活動
会津へ逃れた小栗夫人
会津脱出の「歴史の道」秋山郷への山旅(画像)
夫人護衛の苦難味わう・秋山郷へ(リンク)
「小栗上野介と会津」を読んで
(寄稿)