御蔵島の旅−1    小栗上野介の盟友・栗本鋤雲を訪ねて


小栗上野介の盟友・栗本鋤雲を訪ねて
〈小栗上野介の史跡を歩く会〉
巨樹とイルカの島
御蔵島の旅 (1) 石膏像を訪ねて

東善寺境内の栗本鋤像の原型となった石膏像が、東京都御蔵島村にある。

◆平成17年11月に、御蔵島の栗本一郎さんが、島の文化財調査の一環で「群馬のお寺にあるという栗本鋤雲の胸像」を確認においでになった。これを勝縁として、以前から御蔵島へ石膏像を確認に行きたいと願っていたので、「小栗上野介の史跡を歩く会」で御蔵島の石膏像を確認に出かけた。

◆2006平成18年5月25日(木)〜27日(土)・参加者9名
◆25日 早朝群馬発=羽田〜八丈島〜ヘリ〜御蔵島
 島で巨樹・イルカなどのツアー・史跡探訪・石膏像拝観・小中学生に 講話「栗本鋤雲と御蔵島+小栗上野介」
 27日 午後御蔵島発…船…三宅島…竹芝桟橋=群馬




東善寺境内の
栗本鋤雲像
▲東善寺境内の小栗上野介胸像と並んでいる
◇吉田直(元海軍建築局長)は、横須賀製鉄所建設に現場責任者として才覚を振るった栗本鋤雲の業績を小栗上野介と並んで顕彰すべきと考え、私費による胸像作成を発案。横須賀市内への設置を働きかけるも、市当局の理解を得られず、東善寺境内の小栗上野介胸像の隣に設置することになる。

◇昭和30年4月17日(?)の船に御蔵島の栗本惣吉の手配で、石膏像が積み込まれた。
◇ 同 5月7日彫刻家牛越誠夫のもとに着く。(牛越は複製作業を開始)
◇ 同  月 日吉田直は病気で急逝。遺族が遺志を継いで制作は続行する
◇ 同 10月13日、完成したセメント像の栗本鋤雲像を東善寺境内に据え付ける。

◇昭和31年5月6日、栗本鋤雲胸像を除幕し披露
      〈以上、東善寺蔵の書簡類で確認〉

横須賀市の
栗本鋤雲像
画像はこれから加えます
横山横須賀市長は栗本鋤雲の胸像を市内に設置して顕彰することを決意し、東善寺境内の胸像から複製をして、博物館前庭に建立した



御蔵島へ入る 
羽田〜八丈島へ飛び、八丈島でヘリコプターに乗る前に計量。 荷物は一人5キロまで 全員パス ヘリは9人乗り 八丈島から北へ戻るように飛んで、たちまち御蔵島の海岸が見えてくる。途中、足元の海に黒い塊がいくつも見える、あとでそれが黒潮だと聞いてナットクした。
東京から南へ200キロ
お椀を伏せたような島、という形容にふさわしく、周囲は太平洋の荒波に削られ、切り立った断崖が囲む。役場前のテラスのように張り出したヘリポートに着陸した。前方は三宅島
御蔵島
人口280人前後 もとは火山で出来た島だが、有史以来噴火の記録はない。古くは縄文遺跡の土器が出土し、江戸期には流人も送られてきた歴史がある。幕末の文久三年(1863)にアメリカの帆船ヴァイキング号(1400d)が漂着し、乗組員23人、雇用の中国人460人を全員無事に島人が救出している。
現在は、たくさんの若者がイルカウオッチングに訪れ、また島に残る自然や巨樹を探訪するトレッキングでも知られて、春から秋までのシーズン、狭い島が活気に満ちる。
栗本鋤雲(石膏)像
栗本鋤雲(石膏)像
もと浄土宗万蔵寺が明治以後の廃仏棄釈で祖霊社というお堂となって残り、その奥の扉を開けると石膏像がしまわれていた。制作者は「山口駿河守の養子」といわれている。子供たちは石膏像を「白ん爺・シロンジイ」と呼んで怖がっていた。たしかに壁の奥からこれが出てきたら、いささか不気味だ。
祖霊社の境内で、御蔵島小中学校の生徒と先生が「栗本鋤雲と島と小栗上野介」の話を聞いてくれた。
御代が池入口▲ 少し登って急に下り▲ ツゲの巨樹を見て▲ 池に着く▲
御代(みよ)が池  鋤雲は島人の相談に応じて、暮らし向きがよくなる手立てをあれこれ考え援助を惜しまなかった。その素地は箱館時代の鋤雲の活躍にうかがうことができる。そして自邸の池の鯉を与え、島の御代が池に放流させた。今もその鯉が代々生き続けている。また養嗣子秀二郎は、経営する病院から島へ医師を派遣し続けた。洋館の診療所は祖霊社の隣にあったという。
ヴァイキング号漂着
ヴァイキング号
中国人労働者をアメリカへ運ぶ途中の難破だった。絵は教育長室で撮影
錨・イカリ
稲根神社に残されている。大小二つあったという。保存の手立てをしないと、潮風で錆びてやせてゆき、消滅する恐れがある。
キャプスタン
錨の巻き上げ機で作られた燈籠 四角い穴に角材を差し込んで回す。京都での修理が終って、据え直された日だった。
ヴァイキング号のバラスト石
もとは四角い花崗岩 この島にどうして花崗岩が?と気がついた植物調査の高橋基生博士が、調査してヴァイキング号の一件が世に出た。
高橋基生博士顕彰碑
稲根神社境内 ヴァイキング号の歴史を世に出したこと、御蔵島が亜熱帯地域でありながら北アルプスに見られる植物もあるなど、貴重な植物相の島であることを調査発表して、島の人々に大きな影響を与えた。
「西洋黒船漂難一件記」
当時31歳だった島の書役栗本市郎左衛門(のち一郎)が、救出の先頭に立って処理し、後に事実をまとめた記録
◆近刊で『西洋黒船漂着一件記』高橋基生・ノーベル書房・昭和44年 がある
「文久三年英語単語帳」
同じく市郎左衛門が忙しい中で、耳に留めた英語とその意味をカタカナの発音入りで書き留めている
◆近刊で「文久三年御蔵島英語単語帳』小林亥一・小学館・1998年 がある。尚、小林氏は平成18年4月28日逝去されました。哀悼の意を表します。
救難感謝の記念碑
稲根神社境内
昭和41年、ヴァイキング号の所属港ニューベッドフォード市民と遭難者の遺族子孫が、感謝の気持ちを表すために送った碑
東京都移管100年記念碑
幕末まで天領だった伊豆諸島が、明治1年以来の東京都移管100年を記念する碑 昭和53年
おいしかった!
美美庵・みんみんあん」のホウロクヤキの元祖焙烙・ホウロクが柱に吊るしてありました。
お宿にしかわでは、食べきれないほどの魚尽くし。群馬からお土産に持参した特製ラベルの純米酒「御蔵」が大好評で、さっそく牧野酒造から取り寄せて西川商店で販売することになりました。特製の米焼酎「樹雨・きさめ」も新発売です。
御蔵島、巨樹の森を育む
樹雨(きさめ)・米焼酎

牧野酒造の本格焼酎が島の酒として発売になりました
「にしかわ」商店で買えます
水を生み出す巨樹の島
御蔵
(みくら)・純米酒

群馬県内でも入手困難な銘酒「馥露酣・ふくろかん」が御蔵島で飲める
.
「にしかわ」商店で買える
関連ページ:
栗本鋤雲の事績 
栗本鋤雲と御蔵島(リンク・雷神)…胸像の原型となった石膏像を訪ねる門前の小僧さんの旅
御蔵島名物・美美庵(みんみんあん)(リンク)…小栗上野介・栗本鋤雲ー横須賀ー富岡製糸ー御蔵島のつながり
御蔵島の純米酒「御蔵・みくら」(宿「にしかわ」へリンク)
御蔵島の酒(リンク)

■朝日新聞 2006.06.22 御蔵島の『ほうろく焼き』 (リンク)
■朝日新聞 2006.05.31 御蔵島との交流(リンク)
■朝日新聞 村消えても続く交流(リンク)