法話・東善寺HP              平常心で心呼吸しんこきゅう


 
 平常心で優勝
しん呼吸した大坂なおみ選手
 

▽2019年1月27日、テニスの大坂なおみ選手が全豪オープンでクビトバ選手(チェコ)を破って優勝した。おめでとう!

第2セットではあと1球取れば優勝、という所からじりじりとクビトバに逆転され、とうとう第2セットを奪われてしまった。以前のなおみ選手なら思うようにならない自分に苛立いらだち、珠がアウトになるとラケットをコートにたたきつけて悔しがったが、この試合ではそれが違った。
 思わずラケットを叩きつけるしぐさをチラッと見せたが、途中で思いとどまるようにラケットを振り下ろす手を止めた。オヤ、今日は違うな!と思わせるしぐさだった。
 日本では道具を大事にすることを教え、ラケットに当ってもラケットに罪はない、自分の力量に問題があるのだ、と教えられる。そういうことを思い出したかのようなしぐさに見えた。

▽そして第3セットに入ると、人が変わったように顔に一見おだやかな無表情ともとれる落ち着いた表情が現れ、ミスがあっても、プレーが決まって得点してもどちらにも揺れない終止落ち着いた対応がずっと続いた。
 いったいどうしてこれほど変わったのか、と思わせる落ち着いたプレーであった。
 彼女は後で振り返ってこう言っている。「トイレ休憩で、相手は世界一流の選手。その選手と戦えるのだから勝とうと考えるなんて失礼。謙虚に戦おう、と気持ちを切り替えた」
 大事なことは勝ち負けではない、自分らしく戦って相手に敬意を示すことだというのだ。

▽目先の勝ち負けにこだわると、プレーごとに感情が出る。感情に揺さぶられ呼吸が浅くなり、肩で呼吸するような荒くて浅い呼吸になりがち。スポーツ解説者の元テニスプレーヤー松岡修造は決勝戦へと勝ち進んでゆく大坂なおみのポイントは「心
しん呼吸が大切だ」と解説していた。心で呼吸をコントロールできれば、優勝までいける…と。
 最近の彼女は試合中にミスすると、コートにクルッと背を向けて立ち、ちょっと自分だけの瞑想のような姿勢で心を整えて、再び試合に臨むようになった。




大坂なおみ」選手


▽これは坐禅に通じる呼吸をして気持ちをコントロールしていたのだろう。よく無念無想で坐禅するというが、人間だから簡単に無念無想にはならない。座禅中はさまざまなことが頭に浮かぶのが当たり前。ではどうするか。どんなことが浮かんでも、後ろへ流してしまう感覚で座り続ける。追いかけない。追いかけないこと、が大切。

▽なおみ選手は父の祖国ハイチを訪れ、父の故郷の村に行った時衝撃を受けたという。まだ水道が引かれておらず、「何マイル
(1マイルは約1.6q)も遠くの井戸から子どもたちが水を運んでいた。自分は謙虚に生きなくては、と思った」という。
 こういう時「謙虚」という言葉に結び付けられるのは、その背景に日ごろ謙虚の意味、その表し方を教えた両親のしつけがあるのだろう。

▽「それに…、喜びすぎるのは相手に対して失礼になると思ったの―」
 世界一位の経歴を持つクビトバ選手に対する真摯な敬意を、日本人らしく謙虚な態度で表した彼女は好感を持たれている。
 米国籍と日本国籍の二重国籍で「どちらかというと私のメンタリティ
(心の持ちよう)は日本人に近い」という素朴な彼女は、日本国籍を選んで出場している。
 まだ21歳、これからますます活躍して日本女性大坂なおみをアピールしてほしい。

  

 


BACK