雨さん  ●  石仏結縁(せきぶつけちえん)


石 仏 結 縁  やさしさと寂しさ、厳しさをそなえた画風 
            女性ー1            東善寺蔵

「お茶をあがりませんか・・・」
2月の寒い夕方、境内でスケッチする姿を見かけてかけた一言が、雨さんとの縁を結んでくれた。
お茶のあいだに見せてくれた石仏画の数々は、これまでにであったことのないほど崇高(すうこう)な精神に満ちたものだった。

「私は誰にも習わず、絵の学校も出ていません。いっしょうけんめい描いているだけです。」

いい絵を見せてもらいなさい、と呼んだ私の家族の前でそう語った雨さんは、出てきた私の子供達をスケッチブックを開いて順に書き始めた。

一本の線がむぞうさにスーッと引かれる。次の線がまたスーッと走って見る間に顔の輪郭になり、目になり、髪のふくらみになる。ことに雨さんの絵の特徴はその目のやさしさ、口元のやさしさにある。娘達を素敵な絵に描いてくれた雨さんは、感激した娘が「ブッダ」の本を差し出すとまたまた大喜び。さわやかさとやさしさを山寺に残して帰ってゆかれた。
1987年2月のことだった。