東善寺HP   ●             引 導                      




引 導いんどうくうになる


 ちょっとした手術で入院した。
 いよいよ手術室に入る時、自分で歩いてゆく。手術室の入り口まで来ると、付き添いの家内はここまでだから、案内の看護婦さんが家内に「では、お預かりします」という声が後ろで聞こえた。

 アレ、この言葉どこかで聞いたことがあるぞ!  なんだっけ…
 そうだ!火葬場でいよいよお棺を窯に入れるとき職員が言ってる言葉だ!

 家内が頭を下げて「お願いします」なんて言ってる! これも同じだ!

 なんだ!あれとおんなじだ! おかしくて、吹き出しそうになった。
 だが待てよ…、もし私が「永い間お世話になりました」と振り返って家内に頭を下げれば、全部あっちの扱いになりそうだ。これは恐ろしい…

 じゃあ、お棺の遺体と私の違いは何だろう…、手際よく手術の準備が進む手術台の上で、一生懸命考えていた。違いをはっきりさせないと、私は本当にそのまますべてあちらの扱いにされてしまうかもしれない…。

 火葬の場合はお骨になって帰ってくる。手術の場合は基本的には生きたまま帰ってこられる。帰ってくることに違いはあるのか…。何が帰ってくるのか…、考えているうちに麻酔が効いてきて、そのまま眠ってしまった。


イブキジャコウソウ (南蔵王の不忘山 平成29年7月)
 
 生きて帰ってくる私たちは、人間だからつい言わなくてもよいことを口にして、あとで後悔したり、言い訳しなくてはならない。生きている楽しさも喜びも味わえるが、つまらぬ欲をかいてあとで恥をかいたり、辛いこと苦しいことも避けられない。

 お骨で帰ってくると、一切が「空」になって、この世の喜怒哀楽、好悪の感情、寒暑の感覚、すべてに超越してこだわらない状態になっている。あなたはもうそういうことに振り回されない仏の世界に入るのですよ、だから迷わないこと。ましてや遺族や後世の子孫を恨んだり、悲しませたりする恨みつらみの感情もない仏の世界にきちんと入りなさい!
 …だから、ハイ、これまで! 喝!と大声で引導を渡す。

 本当は生きているうちに仏の世界の境地に入れれば、最高だ。それをめざしてお釈迦様は実践努力することを勧めていくつもの道を用意している。努力すれば仏に成れますよ。「成仏」とは、一人一人が努力して仏に成ることですよ~と。

 生きているとは努力ができる期間ということ。そこがお棺の遺体との違いでした。
 

関連ページ
暑さ寒さも彼岸まで


BACK