住職のコラム 暑さ寒さも彼岸まで
暑さ寒さも彼岸まで

 今年は冷夏、といわれていたのに、過ぎてみれば例年以上に暑い夏でした。そんな暑い中でも、庫裡(くり)の工事に毎日やってくる大工さんたちは、どんどん仕事を進めてゆきます。「暑いですねえ」といえば、「暑いですね」と返事しても、なんだか涼しい顔をして仕事を進めてゆくのをみていると、ろくに動かないこっちのほうが恥ずかしくなってくる。

 屋根の上で働く瓦屋さんは特にたいへんだろうに、やはり「暑いから」なんていわないでどんどん仕事を進めてしまった。職人さんは仕事に夢中になると、暑さ寒さを感じないのだろうか。

お彼岸が近づくと「暑さ寒さも彼岸まで」ということばが聞かれる。このことばにはじつは二つの意味が含まれています。
イワタバコ
  寺の境内

 一つは、うだるような暑さも、凍るような寒さもお彼岸が来ればやわらいでゆく、というふつうの意味。
 二つめはもっと深い意味になる。
 暑さも寒さも、しょせんこの世(此岸・しがん)に生きている間だけの苦しみで、彼岸、すなわち悟りの向こう岸である涅槃(ねはん)の境地に達すれば、暑さも寒さも苦しみも悩みも、迷いも争いもわずらいも、いっさいなくなるという意味。そうすると、あの大工さんや職人さんは、仕事に熱中しているときは、彼岸にいるのと同じ状態だったのだ。

 暑いとき「暑い暑い、がまんできない」と思えば、よけい暑さは二倍三倍にも感じられる。ところが何かに夢中になっている時は、流れる汗も気にならず、暑さもさほど感じない。心の持ちようが暑さや寒さ以外のほうに向いているから、暑い寒いにとらわれない境地に入れることになる。

 逆に考えると、自分ほど不幸な人間はいない、と思いつめてしまった人にとっては、お彼岸がやってきても暑さ寒さがやわらぐことはない。常に苦しみの世界(此岸)に生き続けることになる。

 自分の心の闇(やみ)にとりつかれて、抜け出せない人は、彼岸の安楽の境地を味わうことなく生き続けなければならない。

 この世に生きながら彼岸へ到達するための方法は、お釈迦様が示しています。
全部で六つ、
1、布施(ふせ)・・・ほどこそう、物でも心でも
2、持戒(じかい)・・・何事もほどほどに、心をいましめる
3、忍辱(にんにく)・・・耐え忍ぶ、がまんする
4、精進(しょうじん)・・・心をこめてつとめる
5、禅定(ぜんじょう)・・・心を落ち着けて物事を見つめる
6、智恵(ちえ)・・・何が本物か、心を働かせる

 お彼岸はこの六つを実践する決意の一週間です。

        (東善寺だより76号・1997平成9年9月)


BACK