法話・東善寺HP         修証一如・努力と結果は一緒に


修証一如
(しゅしょういちにょ)
努力と結果は一緒・ウラオモテ

努力した後でいいことがあるのではない
努力の中に結果が入っている

「努力すれば、あとでいいことがあるよ」
…大人はよくこう教えます。

でも、これはうっかりすると
あとでいい結果がありそうもないから、努力もヤ〜メタ、と計算する子供を育てかねない。

 以前高校に勤めていました。

 廊下にゴミが落ちていました。両手がふさがっていたので通りかかった男子生徒に
 「おい、そのゴミ拾っといておくれ」
というと、
 「おれが捨てたんじゃあねえ」
反抗期ですねえ。

 「それはわかっているけど、拾っておくれよ」
すると生徒は
 「先生、拾ったってムダだぜ」と、まだ抵抗します。

 「なぜムダだね」
 「どうせまたゴミが落ちるから、ムダさ」
理屈を言って得意そうです。

 「そうか、どうせまたゴミが落ちるからムダかね」
 「そうさ、ムダだよ」

 「じゃあ訊(き)くがねえ、君は腹が減ったらどうするね」
私はニコニコとたずねます。

 「飯を食うに決まってるよ…」
何でそんなこと訊(き)くのか、という顔で生徒は答えます。
 「じゃあ、今度から腹が減っても、飯を食うのは、やめとけ」

▲ハスの花は中心にもう実ができている

 「ひでえなあ先生は、何で飯を食ってはいけねえんだよ」

私は一呼吸おいて、ゆっくり答えます
 「食べても、どうせまた腹が減るよ、ムダだからやめとけ」

生徒は少し考えて意味がわかったらしく、
 「しょうがねえなア、わかったよ」
とゴミを拾ってくれました。

私は追い打ちをかけます。
 「そうそう、えらいなあ君は。ねえ、ゴミを拾うことはあとがきれいになるだけじゃないんだ。ゴミを拾った人は拾いながらゴミを捨てない人間になっているんだよ」
 「へえ、そんなもんかねえ」
と言いながら、生徒はなんだか嬉しそうです。


ハスの花はインドでは高貴な花として尊ばれています。
その理由は2つあります
一つは、その根をドロ深いところに置きながら、茎を伸ばして素晴らしい花を咲かせること。人間もかくありたい、という理想の生き方を示しています

二つ目は、花が咲いた時その中心には既に実ができていること。つまり努力(修)することとその結果(証)が一体になっている姿を見せてくれています。努力と結果は一体、ということを「修証一如・しゅしょういちにょ」といいます。

ゴミを拾うときれいになって、あとでまわりの人が喜ぶ、…‥だけではない、拾う人は拾いながら捨てない人になっている。努力と結果はウラオモテ、です。
                    (2013平成25年7月)


   特報!

 甲子園に初出場で初優勝した前橋育英高校の
野球部監督荒井直樹さんが偶然
同じことを言ってます
    
「ゴミを拾う子は捨てる子にならない」


▲朝日新聞 2013平成25年8月23日「ひと」
          ▲上記の記事は読みにくいでしょうから 最後の一節を下記にひろいます
 
 「…‥…‥。誘いがあった前橋育英で監督に就任した2002年。部員の暴力問題が起きた直後で部は荒れていた。選手と毎朝、寮や学校周辺のゴミ拾いを始めた。「ゴミを拾う子は捨てる子にならない」。大会期間中も宿舎周辺を掃除した。
 『過去で飯が食えるのは総理大臣と横綱だけ』が口癖だ。24日から早速、練習を再開する。」

【付け足し情報】
 荒井監督は毎朝寮を出て街のゴミ拾いをする野球部員に「いっさい口を利かないで、黙って拾う」よう指導している。小さなことに気がつく人間になってほしい、とも言っています。
 黙ってすることで集中力が身につきます。たしかに大事なことです。
 
 この野球部は大学の小生の先輩に当たる古渓静哉(ふるたにじょうさい安中市曹洞宗雲門寺住職・故人)教諭が創設したもので、禅の奥義に通じるこの監督の指導をあの世でさぞ喜んでいることでしょう。 
   優勝おめでとうございます、古渓さん!!                    (村上泰賢)

BACK