住職のコラム(HP東善寺)          背筋を伸ばして  



新年にあたって
背筋を伸ばして

◇先日テレビにゴルフで活躍する石川遼選手が映っていました。
 まだ20歳になったばかりの若さでありながら素晴らしい成績を上げているそうで、ゴルフ界での若いホープとして知られています。私はゴルフをしませんが、石川選手が時々ニュースでインタビューを受ける姿は、真正面からきちんと答える様子に初々(ういうい)しさもあって好感が持てます。
 
◇画面ではアナウンサーが、芝生の上を移動する石川選手について歩きながらマイクを向けています。
 「こういう移動のとき、どんなことを考えているのですか?」
とアナが聞きました。
 おもしろいことをたずねるなあ、ゴルフとは関係なさそうだけど…どんな答えをするのだろう、と注意して聴くと
 


祈り 雨・横手由男画
石川選手は
 「背中を丸めないで、伸ばして歩こう、といつも考えています」
と答えました。

◇どんな名選手だって、打ちそこないや、思わぬ方向へボールが飛んで失敗することはあります。自分でがっかりするようなプレーをして考え込んだり、下を向いて歩きたくなることだってあるはずです。大きな大会はギャラリーもたくさんいるし、テレビで生中継までしています。恥ずかしくて顔を上げたくない時だってあるでしょう。
 でも石川選手はそういう具合の悪い時も含めて、「背筋を伸ばして歩こう」と心がけているのです。

◇新しい年を迎えて、よい年にしたいと誰でも思いますが、なかなか思うようにならないのが人生ですから、ときには気が滅入ったり、悔しい思いになったり、心配ごとでついうつむきがちな時もあります。でもどんな時でもくさらず、滅入らず、胸を張って歩くように心がけることは、私たちにも大事な心がけだ、と石川選手のインタビューから考えさせられました。

◇ことしも〈どんな時でも〉背筋を伸ばして過ごせるよう心がけましょう。
 さあ、よい一年を!!                                        (2011平成23年1月)