住職のコラム●みづのたたへの


みづのたたへの       詩:高橋元吉

みづのたたへのふかければ
おもてにさわぐなみもなし
ひともなげきのふかければ
いよよおもてのしずかなる
 
     詩の意味
      水が深いほど、その表面に波は立たない。
      人もその心の嘆(なげ)きが深い人ほど、
      表(おもて)に出さなくなる。


【詩の作者】高橋元吉は、前橋の書店主ですが、書店経営とともに詩作に情熱を注(そそ)いで、求道(ぐどう)的な作品を発表しました。

つくばい
境内

 人が生きている間に、どうして自分だけこんなつらい目に会うのか、という思いをすることがある。生まれてこなければよかった、とさえ思う。

 この詩は、悲しみの深い人ほど、そのたびに口に出さないものです。つらいことも、悲しいことも、思い通りにならないことも、耐(た)えてゆくしかない。いちいち口に出すと、耐える力がなくなります、とうたっています。

 良寛(りょうかん)さんも、漢詩(かんし)

    君見ずや双眼(そうがん)の色
    語らざれば憂(うれ)いなきに似たり

 (あなたは、あの人の眼をよく見ませんか。口では何もいわないから、なんの悲しみもないように見えますが、あの眼に、深い悲しみが見えませんか。)

と、詠(よ)んでいます。

            (東善寺だより67号・1996平成8年8月)