小栗上野介の業績中小坂鉱山の開発

中小坂鉄山
(なかおさか てつざん)



中小坂鉄山 (群馬県甘楽郡下仁田町中小坂

日本における製鉄は古来から砂鉄を原料としたタタラ製鉄でした。これは大量生産には向いていません。

◇小栗上野介らがアメリカで見た日本との違いは、「鉄の国アメリカ」と「木の国日本」の違い。たとえば・・・町外れに捨てられた鉄製品を誰も拾わない/泊まったホテルの垣根が鉄でできている!/ワシントンの川にかかっている橋は鉄で、欄干も鉄。そういう橋があと4つ上流下流に見える!・・・と遣米使節一行の日記にあります。
 
横須賀造船所の名称は、「横須賀製鉄所」から始まって「横須賀造船所」そして「横須賀海軍工廠」と替わっている。製鉄所から始まったことは、まず鉄を基本とすることが認識されていたことを物語っている。

◇鉄鉱石を原料とする近代的製鉄が行われたのが中小坂製鉄所です。良質な磁鉄鉱と周囲から得られる豊富な木炭を燃料として,明治期に入ると本格的な操業が行われました。
               
<幕末>
・幕末の弘化嘉永頃から採掘が始まった。
・水戸藩では安政元年(1854)に反射炉を築造し、原料鉄として中小坂の鉄鉱石が運ばれた。
・元治元年(1864)、小栗上野介は中小坂に溶鉱炉を建造する建議を行った。幕府から武田斐三郎、山崎代之進らが派遣されて検分の結果、「ここには岩鉄が露出、品位は良好、同所へ溶鉱炉を建造」と、報告している。
  中小坂製鉄所▲ 
明治11年  溶鉱炉があったことがよくわかる
現在の風景
対岸から見ると、左の写真と対比できる

<明治以後>
・民間経営の時代・・・明治3年(1870)から本格的に採掘操業する者が現われ、明治7年に三条家の家令丹羽正庸は由利公正、三浦安らの経営参加を得、英人技師を雇って高炉、蒸気機関、熱風炉などを完成、スウェーデン人技師の技術指導で、トロッコによる水平移動により高炉炉頂へ運ぶ方式が取られた。
 
・わが国最初の蒸気機関による熱風送風による木炭高炉の操業、として唯一最大の製鉄所であった。 また高炉のほかに錬鉄炉、裁鉄、鍛鉄、銑鉄鋳造設備もそなえ、銑鋼一貫作業の形態をとっていたことも、わが国の製鉄史上特筆すべきことであった。

・しかし採算がとれず人手に渡り、明治9年、由利公正が引き継いだが、輸入製品との価格競争があってやはり収支採算が取れず、明治11年官営となる。

・政府経営の時代・・・明治11年官営製鉄所となったのちもやはり採算が取れない。高炉の耐火煉瓦が溶解、破損を繰り返ししばしば作業中断という状態であった。操業・故障を繰り返して14年4月まで約1年9ヶ月に操業日数合計250日、銑鉄合計85トンだった。
・明治15年、ついに廃業が決定。再び民間所有となり、経営者が何人か交替するも採算が取れず、明治41年に生産中止、大正7年に設備がすべて撤去された。
・昭和10年代に再び採掘が行われたが、戦争終結で閉鎖となった。
  
E.パウアー教授 ドイツ・マールブルク大学日本研究センター副所長で、技術史や日本経済史(日独の産業技術交流や日本の産業の発展)について研究し、東京大学社会科学研究所・客員教授もしています。
(2005年3月6日調査)
○資料
『陸軍歴史』
「中小坂鉄山研究上における問題点」一倉喜好…『双文』1〜3号・群馬県立文書館発行
『近代遺跡調査報告書ー鉱山ー』文化庁文化財部記念物課・平成14年発行
『幕末明治製鉄論』大橋周治・アグネ・1991年2月刊
小坂村の特殊産業   製 鉄 業  (明治43年『小坂村郷土誌料』より)


上物…1トン 60円より70円
中物…1トン 50円より60円
下物…1トン 30円より40円

製鉄の順序
1、鉱石を粉砕するために元焼をする
2、元焼した鉱石の大塊をコブシ大に砕く
3、粉砕機にかけて五分四方大に粉砕
4、炉に入れ、硫黄などガス化する部分を除く
5、溶鉱炉に燃料(木炭)・石灰・鉱石の順に積み入れ、送風機で空気を入れながら熱する
6、残滓(ざんさい)は上部に、溶鉄は下部に集まるので、下部の穴から溶鉄を砂の型に取り出し、冷やす

鉄の種類と用途
銑鉄・・・こうして鉱石から鋳出したもの
鋳鉄・・・銑鉄を溶解して残滓を除いたもの。〈鋳物に〉
鍛鉄・・・鋳鉄から炭素の大部分を除いたもの。〈針金などに〉
鋼鉄・・・鍛鉄に適度の炭素を含ませたもの。〈刃物、機械器具、その他一般工業用〉

販 路
海軍省(上物)
高崎製鉄造所(中物)
東京鉄管製造所(中物)

*海軍省とは横須賀製鉄所へ運んだ、ということ。ただし横須賀の初期の鉄はほとんど輸入物が加工されたという。
  明治7年 新島襄が訪ねた中小坂鉄山

明治7年(1874)11月26日にアメリカから帰国した新島襄は、中小坂鉄山を見学しています。
 もともと新島襄はアメリカで理系の学問を学び、明治3年(1870年)にアマースト大学で地質学を学んで卒業(理学士)。大学では、ウィリアム・スミス・クラーク(後の札幌農学校教頭)から化学の授業を受けていましたから、理科学、ことに鉄の利用が国の発展に役立つことを理解していたのでしょう。

 12月2日 朝8時から星野閠四郎、根岸松齢、新島公儀ら親戚・知人8人とともに妙義山中ノ岳を巡り、最近鉄鋼脈の見つかった甘楽郡小坂村へ行き、、一泊する。
 12月3日 雨の中で鉄山を見物し、トミカを廻って午後7時ころ帰宅する。
                                             〈資料提供:中小坂鉄山ニュース 22号〉

鉱山跡見学記 2004年4月
鉄山遠望(部落上の山)
国道沿いの下仁田町ふるさとセンターは、鉄山関係の資料が保存展示されている
看板
明治11年に釜石製鉄所が操業開始するまでは、錬鉄炉による錬鉄生産は日本唯一、最大の洋式製鉄所だった。
国道から入る

左へ行くと神津牧場から佐久へ抜ける
中小坂部落の公会堂に集合
地元の人も案内に出てくれた
すぐ山道に入る
国道からちょっと入るとすぐに、鉱山あとにつく
原田喬氏は
中小坂鉄山研究会を立ち上げ、調査と保存を呼びかけている
山肌にいくつもの掘削跡が残る 足元に転がっている石ころも、よく見ると鉄を含んでいて重い
群馬テレビの取材 トロッコ道の跡
掘った鉄鉱石をトロッコで運んで溶鉱炉に落とし込んだ
町の人も故老しか知らない歴史になっている 山中の坑口跡
危険な穴もあるから入るときは要注意
山中の看板 トウゴクミツバツツジが頂上に咲いていた 鉱山作業の安全を祈って祭られたお宮 鉄で作られた鳥居
山形県最上郡庭月村の鉱山師・坂井加賀蔵が建てた
お宮の柱
「明治8年 産出の鉄で作った」と刻まれている
中小坂鉄山の看板 レンガの焙焼炉跡
ここで元焼きし五分サイズに砕いてから溶鉱炉に入れた
銑鉄
ふるさとセンター玄関前に据えられている
鐡山まつり 2005(平成17)年12月3〜4日
初めての「鐡山まつり」 豚汁と甘酒で迎えてくれる 名物下仁田ネギは「このあたりのが甘くてうまいんだ」という
山へ上がって、坑口の前の祭壇で昭和13年の落盤事故で亡くなった方6名の読経供養をする 
事故からすでに70年近い時間が流れて、この町に溶鉱炉があったことすら知らない町民が多い。
このあと午後から、下の公民館でシンポジウムが行なわれた
中小坂鉄山について(下仁田町公式ページ)

中小坂鉄山研究会 会員募集/会費/報告書などはこちら

関連ページ■ 中小坂製鉄所跡ー技術のわくわく探検記ー(リンク)