小栗上野介の業績(東善寺) ●  日本最初の株式会社     


【商社】(Companyを小栗上野介が訳した語)商業上の結社。自国における外国商社、外国におけるわが在外商社など、貿易上多く使われる言葉。
(岩波書店「広辞苑」より)
小栗上野介の株式会社
兵 庫 商 社
(日本初の株式会社)



村上泰賢『小栗忠順従者の記録』

第三部「小栗忠順のアメリカ」に詳しく記述してあります。

慶応3年(1867)、小栗上野介は日本最初の株式会社「兵庫商社」の設立建議書を提出した。万延元年(1860)に遣米使節として渡米の折パナマ鉄道で説明を受けた鉄道会社の仕組みが活かされている。


建議書(要旨)

「このたび兵庫(神戸)を開港するについて、これまで長崎・横浜を開いてやってきたが、西洋各国が港を開いて国の利益を得ているのに反し、日本は開港するたびに国の損になっている。これは商人組合のやり方をとらないで、薄元手(小資本)の商人一人一人の損得で貿易を行ない・・・・・薄元手の商人が互いに競争で外国商人と取引するから元手厚(大資本)の外国人に利権が奪われてしまう。」「これは商人一人の損失ばかりか、結局国の損失になり、ついに全国の利権を失し、外国商人のために蔑視され・・・」てしまう。だから「外国人と取引するには、外国貿易の商社(西洋名コンパニー)のやり方に基づかなくては、とても国の利益にはならない」
(『幕末外交談』田辺太一/『読史余録』塚越芳太郎)

そしてコンパニーの利潤をもってガス灯や書信館(ポストオフィシー・郵便電信制度)、鉄道の設置をすれば、国にとっての膨大な利益となる、と提議する画期的な構想であった。(渋沢栄一 『徳川慶喜公伝』)
出資者を二十人の大坂商人とし、100万両の資金を出資させる。ただ出資させるだけでは商人は動かないから代わりに同額の金札発行を許可し、利益が出るようにする。商社の役員は頭取の山中善右衛門(鴻池屋)ら3名、肝煎りに6名の商人、残りの11名は世話役とする構成。商社の事務所は商社会所と呼ばれて大坂中之島に置かれた。

【参考書籍】
『読史余禄』塚越芳太郎(停春楼)著、『徳川慶喜公伝』渋沢栄一著、『小栗上野介の生涯』坂本藤
良著
『幕末外交談』田辺太一『小栗忠順従者の記録』村上泰賢著
   「坂本龍馬の海援隊」より早い設立

「坂本竜馬の海援隊が日本最初の株式会社」と名付けたのは、経済学者の坂本藤良教授(故人)。坂本氏はその後、東善寺へ小栗上野介の業績調査においでになり
「小栗上野介の兵庫商社のほうがもっと早くに役員・定款を備えたきちんとした会社であることがわかった」
と語り
「でも、取り消そうとしても坂本龍馬が有名で、海援隊に貼ったレッテルが私の手を離れて一人歩きしてしまって…」
と苦笑しておられた。


「兵庫商社こそ日本最初の株式会社である、というのが、現在の私の考え方である。興味あることに、兵庫商社の設立が発表された時(慶応三年六月五日)、特別に重要なことだけを記している『海援隊日史』にそのことが記されているのは、海援隊の受けたショックを示している。」
 (坂本藤良著『坂本龍馬と海援隊』講談社/参照:坂本藤良著『小栗上野介の生涯』講談社
) 



小栗上野介の株式会社
築地ホテル
(日本初のホテル会社)

兵庫商社は慶応三年末に設立されたが、まもなく明治維新の動乱によって解散してしまった。

これより先、1867(慶応三)年に着工された築地ホテルは慶応四年に完成し、1872(明治五)年の銀座の大火で焼失するまで日本最初の本格的なホテルとして、外国人の評価も高いものであった。

このホテルの開設について小栗上野介は、民間でこれを行なうものがあれば土地は幕府が無償で提供し、利益は経営者のものとしてよい。資金は民間から資本を募り、利益を出資金に応じて分配する方式、で指導した。またホテルの規模内容は外国人に満足のゆくものを意図して、これを建設させた。彼の頭には、かつてワシントンで泊まったホワイトハウス近くの超一流ホテル、ウィラードホテルが思い描かれていたに違いない。

築地ホテルの建設を手がけた、清水建設の二代目▲清水喜助  清水建設提供
  
             ▲ 錦絵 築地ホテル 三代目広重画 東善寺蔵
東京と名を変えた江戸の名所となり、このような錦絵が百種類以上作られ、作るそばから売れた。
▲ ホテル展望台からの眺め 横浜開港資料館蔵
       水洗トイレつき
清水喜助は小栗上野介の指導を受けてさっそく出資者をつのり、資金は「1口100両で年百両の配当」、という途方もない触れ込みだったから「山師の仕事」などと評されながら、慶応三年八月着工した。
慶応四年八月に出来あがったホテルは勝鬨橋の右たもと、現在の築地魚市場の入口ふきんで今立体駐車場のある一帯。

当時最新の建物で、室数は102室、水洗トイレつき、ビリヤード室、シャワー室、バーも備え、「眺望が良い、食事も美味しい」と外国人も絶賛するホテルであった。

外国人よりも驚いたのが日本人。ホテルや水洗トイレなど見たこともないから、連日押すな押すなの人気で江戸っ子やお上りさんが見物人が押し寄せた。喜助は人を雇って門番をさせ、木戸銭(入場料)を取って見物させ、資金繰りに役立てた。

お土産に作られた錦絵が100種(100枚ではない)以上も作られ、江戸の名所となった。いまでも土蔵や物置から『江戸ホテル」「都ホテル」「築地ホテル」の封筒に入った錦絵が出てくることがあるから旧家の方はお宝探しをした方がいい。
明治五年まで営業したのち、「銀座の大火」で焼けてしまったのは残念なことである。


       設計士・ブリジェンス
幕末に来日したアメリカ人。築地ホテルをはじめ横浜でイギリス仮公使館、横浜イギリス領事館、横浜税関、横浜町会所、などたくさんの洋風建築の設計を手掛ける。また明治5年に完成した新橋―横浜間の鉄道の新橋駅・横浜駅(同じ設計図で両方を建設した)も設計している。
ブリジェンスの墓 ▲横浜外人墓地の19区画、シドモア桜の枝の下にある
築地ホテルの模型
   築地ホテルの模型が完成しました。制作者は金田さん(R大学・理工学研究科建築学専攻修士課程の学生さん)2008年4月、東京での小栗上野介展で披露し、現在は東善寺で展示中です。
関連ページ
清水建設→絵図で見る三大洋風建築「築地ホテル」上・中・下
東京港アーカイブ→【錦絵でみる東京港】(リンク)
【参考書籍】
『平野弥十郎幕末維新日記』(北海道大学図書刊行会・平成12年)、『清水建設一八〇年史』(清水建設)
『小栗忠順従者の記録』村上泰賢著



小栗上野介の株式会社
″船 会 社″
(日本初の郵船会社)
新潟の港に船会社を興し、地域の物産を運んで外国人に販売し資本家だけでなく農民や工芸職人もうるおう、「国民利福」の道を探りたい…構想だった。明治維新で幕府解散となり、幻の船会社で終わったが、信越にも株式会社の芽が出はじめていた。

                                                           





高井鴻山像
 (高井鴻山記念館)

 長野県小布施町の高井鴻山は豪農商・画家・学者として知られる人物である。晩年の北斎が小布施を訪れてたくさんの絵を残したのも、鴻山が招いたいたからである。いま高井鴻山の屋敷をそのまま使った記念館に入ると、中庭に北斎のために建てた離れのアトリエ「碧漪軒・へきいけん」(い…は、さんずい+ケモノヘン+奇=なみ)が残されている。

 小布施の高井鴻山が幕末に松代藩に提出した「船会社設立案」建議書が町に残る。                 「信越の富豪が結社して船会社を作り外国交易を行なえば、地域の物産振興、富国強兵につながる国民利福を図ることとなる」「船はとりあえず官船を借用し、米人ウェンリイ(ヴァン・リード)の指導を受けて運転・交易の指導をしてもらう・・・」「これは小栗上野介から示唆を得たもの」であった。慶応四年1月小栗上野介が勘定奉行を罷免されたためこの案はそのまま日の目を見ずに終わったが、そのことを悲しんだ鴻山は、幕府崩壊に際して会計総裁に任じられた大久保一翁(忠寛)から、至急江戸へ出てきて手を貸してほしいという招きに応じないで、代りの使者を駿河台の小栗屋敷へ送って挨拶をさせている。

【参考書籍】 山崎實著『高井鴻山物語』『続高井鴻山物語』「船会社の提案書」小布施町教育委員会蔵『小栗忠順従者の記録』村上泰賢著

高井鴻山頌徳碑(東善寺・小栗上野介)

高井鴻山頌徳碑(左)と解読板 北斎の天井絵「鳳凰」で名高い岩松院の境内の頌徳碑には、小栗上野介の名も刻まれている。

頌徳碑文中の小栗上野介

鴻山と小栗上野介のつながりが再確認され、いま小布施の人々は小栗上野介の業績についての関心が高い。

(頌徳碑-石碑は大正6年4月建立。日下部鳴鶴の書)

 


 高井鴻山の墓

小布施町祥雲寺(小布施堂の少し東)境内にある
戒名 「耕文院泰賢鴻山居士」
…とある。奇しくも道号泰賢とは、ありがたいご縁。
 
ヴァン・リード
オランダ系アメリカ人。ハワイ王国総領事の資格で慶応2年に来日し、横浜93番地に住んで貿易業務を行っていた。
生麦事件の時、薩摩藩士に斬られたリチャードソンたちより早くに島津久光の行列に出会うが、日本の習慣をよく理解していて下馬し脱帽して道端によけたのでトラブルにならなかった。

ヴァン・リードの住居 「横浜全図」より
 



横須賀明細一覧図を読む…図から読み取れる産業革命の地横須賀
■関連情報:門前の小僧さんの「春の小布施訪問記」 岩松院の方丈さんや町の皆さんとの交流になりました。http://www6.wind.ne.jp/onichoro/oguri/obuse/obuse2002.04.23.html
(2002・平成14年4月)